スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古味さん復活Yeah!!

Yeah。皆さんお元気ですかYeah。

ちょっとテンション上がってしまったため久しぶりに記事を書いてみましたぜYeah。



と言う事でね。タイトルの通り古味さんがジャンプで復活だぜぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇえええええええええ!!!!!!!!!!!

ヤバイヤバイヤバイ。本気で土曜読んでて黙ってるの大変だった…。

俺が初めて本気で応援しようと思ったマンガ。そしてジャンプの理不尽な打ち切りに憤りを覚え始めるきっかけとなったマンガ。『ダブルアーツ』の作者古味さんが帰ってくるわけですよ。ヤバイですな。そりゃテンションだだ上がりんぐですわ。りんぐりんぐですわ。

いやー。しかもアレね『ニセコイ』ですよ。

NEXTでなかなか良いなーとは思ったもののまさかジャンプでやってくれるなんて思っても無かったので凄く嬉しいでござる。超ハッピーでござる。

NEXTの連載経験作家の読み切り結構レベル高いんですよねー。

『PSYREN』の岩代さんとか『逢魔ヶ刻動物園』の堀越さん(だったっけ?)とかなかなかに素晴らしい読み切りを載せてくれたりしてるんで、あそこで結果出してまたジャンプに戻ってきてくれる作家さん達が増えてくれたら良いんですけどねー。


と言う事で『ニセコイ』ですな!

絵も相変わらず素晴らしい上手さですし、なんかヒロインが読み切りよりも一人増えて連載っぽくなってみてるっぽいですな。基本的な設定とかってどうなってるんだろう?

ただジャンル的にガチラブコメなんですよねー。お色気とかも無さそうな感じですし。

今まででそういう作品をジャンプで読んだこと無いからどうなのかな?って言う不安はあるんですけど。

何にせよね!! 俺は全力で応援しますよ!!!



某家庭教師マンガも個人的に面白くなって来ちゃってる感じがありますしねー。いやあのマンガを面白いって感じたのはXANXAS編以来かな?やっぱりバトルロワイヤルはイイネ。テンション上がりますわ。

めだかさんはね…。もう触れるのすら辛いくらい最高の展開ですしね…。もう単行本を貸してる友人連中に話したくて仕方が無い…。


とまあね。来週からの『ニセコイ』に期待大ですな!!





人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

テーマ : ブログ - ジャンル : ブログ

御パンツ様再臨

つ…ついにこの日がやってきたぜ…。

『アレ』が…。2009年…。『アレ』が終わってから早2年…。


ついに…。ついに来たぜ…。
































御パンツ様の降臨じゃーーーーーーーーーい!!!!!!!!!!!!!!!!




………んん?



いやだってね?仕方無いよね?久しぶりにジャンプでこうも御パンツ様を拝めるなんて久しぶりだよ?




もう叶先生やってくれるわー。ハンパないわー。流石だわー。


と言う事でジャンプの新連載『鏡の中の針栖川』が御パンツ過ぎる……もとい面白過ぎる。

いやー。期待はしていたけどもう期待通りって言うか、期待を遥かに超えて良い作品を持って来てくれたようん。

叶先生って言えば『エム×ゼロ』で有名だけど、今まで何で書かないんだろう何で書かないんだろう?って不思議だった彼がついにジャンプに再臨だよ。

そしてついでに御パンツ様も再臨だよ。


2009年。あの年はジャンプにとって大きく動いた年でもあった…。

そう…。あの『To Loveる』が終わった年である…。

つまり『いちご100%』『To Loveる』と続いてきたジャンプの御パンツ様漫画が途切れた年でもあるのだ…。

その後いくつかの御パンツ漫画候補(まあ全部河下先生の作品だけども)が出てきたものの長続きはしなかった…。そもそも第1話から続く気がしなかった…。

そしていつの間にかジャンプ編集部は御パンツ様漫画を諦めてしまった…。それが『あねどきっ』が終わった2010年7月。そう丁度1年前だ。



そして今…。2011年7月…。




御パンツ様の降臨じゃーーーーーーーーーい!!!!!!!!!!!!!!!!(2回目)



いやー。テンション上がるわー。マジ上がるわー。

別にエロに飢えてはないし、そもそもSQで『To Loveる―ダークネス―』って言う少年漫画という名の狐の皮を被ったエロ漫画があるしね。って言うかあれ終に(妄想の中だけど)入れ始めたんだけどいや何を?ってナニだけどさいやそりゃ完全にぼかしてるしシルエットすらないけどそこまでやったらもうアウトだろって言うか矢吹テメエさっさと同人でガチのエロ漫画描けやコルァ!!! ファンは今それを求めてんだよ!!!!!


失礼。取り乱しました。


いやだから大事なのってジャンプで御パンツ様があるってことなんですよね。小4,5くらいのエロに目覚め始めた清き少年たちにはジャンプでくらいしかエロを補給出来ないし、こっちとしても「ジャンプでエロを読む」ってのが良いんだようん。

……オレでも小5には『ふたりエッチ』立ち読みしてたヨウナ…?

まあ、話は戻るけどこのほどよいエロさが大事なわけですよ。アクシデントとかハプニングとかで御パンツ様降臨だったりシャワーシーンに出くわしたりね!!

その辺アレだよな。もう『To Loveる』はその辺のハプニング感ゼロだからな。あっこまで行くともうラブコメとしてのエロは不可能だってだから同人書けやゴルァ。


失礼。取り乱しました。


えー。と言う事で前置きだけで思いの外長くなっちゃったけど何が言いたいか?って『鏡の中の針栖川』は非常に良質なエロラブコメだし、普通に話も面白いって事だね!!

絵も相変わらず素敵だし、『エム×ゼロ』の時と変わらずアイデアが素晴らしい。いやこの発想は無かった。

『To Loveる』みたいにただイチャイチャエロエロするだけじゃなくて基本的に主人公もヒロインも純情っぽいからラブコメとしても期待できるし、到着点ってのがしっかりと見えてるからだれる心配もあんまり無いと思うんだよね。

何より面白いしね。






そして『ST&RS』が期待通り面白いのである。いやもう最高だろこの漫画。

これだよ…。こういうのを待ってたんだよ…。

展開早くポンポンと試験が始まったけれど、これがまたイイネ!

漫画の中だからって適当に作るんじゃなくて本当に試験として使われてそうなリアル感。

そして少年漫画らしく、しっかりと発揮される主人公のスキル。

これまた素敵…。いやホント楽しみな作品だぜおい…。

いやー。もうストーリーに関しては何も言うことはないんだけど、一つ気になるのが線の薄さかな?細さ?特に人物の。

前も言ったように絵はメチャクチャ綺麗なのは変わりないし、この作画の人の実力がもの凄いってのは分かるんだけど、あまりに丁寧すぎてちょっと薄過ぎちゃってる気がしないでも無いんだよね。ホント些細なことだけどさ。

ただまあそれは慣れてきて、背景としっかりと噛み合うようになったら全然問題なくなると思うんだけど。って言うか別にそんな気にすることでもないしw。

ホントちょっと気になっただけなんですわ。相変わらずホント素敵で綺麗で最高の絵です。



『ST&RS』と言い、『鏡の中の針栖川』と言い全くベクトルは違うけどホントに楽しみな新連載が出てきてくれたよ。

いやここまで新連載でテンション上がったのってぬら孫が始まったとき以来かも知れない。

ただあれは金未来杯で知ってたから純粋に1話を読んで楽しみになったのって『ダブルアーツ』以来だと思う。

まあ本気で不思議なことだし今でも許してないけど何故か『ダブルアーツ』はジャンプの読者から受け入れられなかったからね。今回こそは人気漫画になって欲しい。

ただ『ST&RS』はオレの周辺じゃめちゃくちゃ評判良いし、何か2chとかでもかなり騒がれてるらしいし。

作者の人があの1話の感じを保ってくれたら順調に人気漫画の仲間入りするんじゃないかな?

針栖川の方はお色気だからほっといても人気なるでしょw。叶先生の作品だしね。





そして最後に一つ。

球磨川さんが格好良すぎて惚れてまうわ…w。




人気ブログランキングへ




テーマ : 週刊少年ジャンプ感想 - ジャンル : 本・雑誌

ジャンプ 30号 ヤバイ新連載が来た

楽しみな新連載が始まってしまった…。



ST&RS 第1歩 メッセージ
おいおいおいおい。来たぞこれ。ついに来ちゃったよ久しぶりの当たりじゃね?って言うか大当たりも良い所じゃね?

これは面白い。素敵。大好き。愛してるわこれ。

いや何?もう最初は「どうせ宇宙兄弟の二番煎じか、下らない奴なんだろ?」とか思いながら読み始めたら1ページ目から完全に心を掴まれてしまったよ…。

この感じ大好きだわ。ホント。

実際宇宙兄弟とは近い所があるんだけど、何と言うか根っこの所で違ってると思うんだよね。

宇宙兄弟はあくまで『夢』って事に対して焦点を当てている作品だけど、こっちは『宇宙へのロマン』に焦点を当てている感じ。

だからこそ、似ている感じがあってもあくまで「似ている感じ」であって、しっかりと楽しめた。って言うかこれマジかなり良い作品だと思うよ?

まず絵がめちゃくちゃ上手いよね?オレもうそこで凄く驚いたんだけど。

まさかここまで綺麗な絵を描いてくるとは思わなかった。

1ページ目から結構好きな絵な感じはあったけど、フィフィーの登場時点でもうかなり好きな絵に認定された。

んで、宇宙学校でプラネタリウムがパッと開ける場面。

アレ見てもう鳥肌がたった。この作画の人は凄い才能を持ってる。

何と言うか構図の取り方が凄く絶妙なんだよね。

絵が綺麗なのは言うまでも無いんだけど、1コマ1コマの配置とか、大きさの緩急とかかなり上手だと思う。

何となくアイシールドの村田さんに近い所はあるかな?絵の様子とかコマ配置とか。

オレは全然この人の方が好きだけど。

そして話も良い!! いやもうご都合主義とか関係ないでしょ。ホント少年漫画らしい良い展開だと思うよ。

宇宙兄弟っていくら才能があるって言ってもあれってそれまでのムッタの努力とか経験とかで培われてきたものなんだよね。

それに比べてこっちの主人公はもう最初から才能バリバリ。

いや良いよ。全然良いよ。少年漫画なんだからそう言う分かりやすい特徴は必要だって。

キャラクターも良いしね。渡が良いライバルで格好いいのは言うまでも無いけど、何と言ってもフィフィーの素晴らしさだね!!

あの可愛らしい女の子があんな綺麗な眼鏡お姉さんに成長したんだね…。素晴らしいようん…。

そのくせ、彼女自身が全力で宇宙にロマンを感じているのもイイネ!素敵だよ!!

さてさてさて。久しぶりに全力で終わって欲しくない新連載が出てきたよ?これはアンケート出すしかないんじゃないかな?

みんなも読んで見てよ!これきっと良い作品になるから!!!



SKET DANCE 第191話
いやマジかおいw。ついに下ネタ解禁かよw。

いやまあ実際下ネタって言っても流石に銀魂には負けるけど、まあなかなか無いことだからなw。

しかし、チェリーくん(チェリーボーイだからじゃないらしい…何ッ!?)が来た時は「ああ…ついにスケダンもそう言うこびをし始めたのか…」と悲しくなった物だけど、まあ流石篠原さんと言うか何と言うか…w。

やっぱりこの人は変なキャラクターを作ることに関しては随一だな…w。

それとヒメコの素晴らしさをよく分かっているしね…。やっぱ良いよねヒメコ…。素敵だよね…。

おかげでヒメコのサービスショットをたくさん見ることが出来たし。うん。素敵な回だようん。

ただコマちゃんの最強っぷりは最近目を見張る物があるな…。かめはめ波まで出しよったし…w。

そうは言ってもやっぱりスケダンに下ネタは似合わない気がするからほどほどにして欲しいってのが本音ではあるかな。

まあたまには良いけどねw。



めだかボックス 第104箱 「能力所有者が無力に」
おいおいおいw。球磨川さんよぉw。

最後まで「カッケェ!!」って思わせてくれよw。またしても最後でぶち壊してくれやがって…w。

いやもうそんな所も含めて格好いいんだけどね。もう最高だよ球磨川w。

どれだけホント裸エプロン好きなんだろうね…?w もうそこまで来ると執念すら感じるよ…w。

何か最終的に球磨川が優勝して裸エプロン実現しそうで怖くなってる今日この頃なんだけどね…。

まあ流石に球磨川が優勝ってのは無いかな…?って思いたいけど、この第4関門で球磨川の記念すべき初勝利になるだろうし、どう転ぶか分からないよね…w。

何にせよ球磨川先輩の活躍に期待するしか無いですな。



いやグリム終わっちゃったね…。最後の最後まで意味分からん終わり方だったけど最後の方は嫌いじゃなかったよ…。

ARMORSも終わりそうだし、これで3つ終わったことになるのかな?

新連載はあと一つか…。紙面足りるのか…?

まあ何か8月から冨樫が戻ってくるらしいけど、どうなることやら…。

しかし、久しぶりにジャンプの感想書いたは良いけどホントST&RSのためだけに書いたから量が非常に少ない…w。





人気ブログランキングへ


テーマ : 週刊少年ジャンプ感想 - ジャンル : 本・雑誌

ジャンプ 27号 何故ブリーチが表紙?

いやー。ついにスケダンも記念とかじゃ無しに巻頭カラーを飾るようになりましたか…。

嬉しいことですな。やっぱりアニメ化されるってのは大事なことですよ。うん。

…まあ6話以降見てないんですが。

忙しいですからね。仕方無いですよね。

しかしね…。何で表紙じゃないんだ…?

ブリーチとかより今全然来てるだろ。編集部のプッシュの意味が分からん。



SKET DANCE 第188話 バレンタイン・クライシス 中編
…そうか。そうだよな。お前にはそう言う過去があったんだもんな…。

ハッピーエンドって形にはなりはしなかったけど、でもこれも一つの幸せな形だと思うんだ。

スイッチはあくまで「オタク」としてモモカを応援しているって言っているけど、それでもモモカにも思う所はあるはず。

モモカも自分の気持ちを打ち明けて、一歩進むことが出来た。

しかし、モモカの言葉にはもう…。

格好いいし、可愛いし、胸に来るし…。モモカはもう最高だな…。

オレモモカが現実にいたら確実にファンになってるわ。AKBなんかより全然良いですわ。

アニメのキャラソンとしてモモカがCD出すのが楽しみだな!!

…なんかここまで来るとアウトな人な気がしてきたんだけど気のせいだよね?

まあね。何にせよね。これから先どうなるか分からないし。

モモカ応援してるぜ!!

ただボッスンにはもう呆れると言うか何と言うか…w。



銀魂 第356訓 男だったら一度はコックピット
笑わせるのか感動させるのかどっちかにしろよw。

もうヤだ…w。せっかく感動してたのに…。何で感動する所の間に笑い所を混ぜてくるんだよ…w。

いやそれが手だとは分かっているんだけどね?それが空知だよ確かに?でもね?もう少し余韻に浸らせてくれるかな?

エリザベスのあの言葉とバカ3の姿は本当に格好良かったのに…。

もうちょいちょいぶっ込んでくる小ネタが下らなすぎる…w。

ホント思うんだけど、空知ギャグ上手くなったね…。キレ味増してるようん…。

頑侍はマジで笑った…。「カツラッいきま~~~~~~す!!」 は死ぬかと思った…。

イイネ。やっぱり銀魂はこうじゃないと。

アニメですらこうしてネタにするこのくだらなさは銀魂じゃないと出せないよ。

さてさて。来週は3バカの活躍に期待しようか。



バクマン。 135ページ 連続と阻止
なるほどなるほどなるほど。

これはヤバイ。確かにヤバイ。

何がヤバイって新妻エイジのこの考え方がヤバイ。

もちろん「+NATURAL」を終わらせるためだなんて思って無かったけど、そうか「CROW」を終わらせるためか。

最初から最後まで騒動を持ち込んでくる漫画家だな…。ホント。

でも彼のこの考え方には凄く納得出来る。って言うかこれが本来漫画家のあるべき姿なんだろうな。

自分の終わらせたい所で最高の形で終わらせる。

どこか井上雄彦先生を彷彿とさせるよな…。

彼のスラムダンクの終わらせ方も近い所があると思う。

最高の形。つまりその漫画で最も面白い所で終わる。

もしくは飽きられ打ち切られて終わる。

その両極端な所で戦うエイジはやっぱり格好いいよ。

って言うか、最初からそのつもりで「嫌いな漫画を終わらせる権限」とか言ってたんだ…。格好いい…。

もしそうやって終わるんであれば「CROW」は確実にジャンプ史上に残る伝説の漫画になるだろうな…。

今ジャンプの漫画って言われて思い浮かぶのは「ドラゴンボール」「スラムダンク」「ONE PIECE」って所だけど、またそこに入ってくる可能性が大いにある。

そうなると亜代木夢人がエイジに勝つのは絶対に不可能になるよな…。

だからこそこの展開なんだろうけど、今回ばかりはエイジを応援してしまうな。

いや楽しみになってきた。



めだかボックス 第101箱 「それではグッドラック」
お!?めっちゃ順位上がってきてないか?

こりゃ重畳重畳。括弧付けない球磨川さんの回が最下位でブチ切れてた時がウソみたい。

しかしまあ、西尾維新凄いな…。

『不人気投票・仲間割れ選挙』か…。もうあからさまじゃないか…w。

確実にこれA○Bのお選挙を見てて思いついただろw。その上それを素晴らしい形で持って来るとか流石すぎるぞ西尾維新w。

そして、ここで出てくるのが散々読者に「?」を植え付けた大刀洗選挙管理委員長って所がもう素晴らしすぎる。

…それにしても選挙管理委員会ってどうしてみんな目を隠してるんだ?

もしかして右衞門左衛門も選挙管理委員会だったりするのかな…?

阿久根の二人に対する寸評も素晴らしいし、球磨川は相変わらず残念なスキルの高さ…w。まあ後々これが正しいたとえだったんだってのが分かるんだろうけども…w。



奇怪噺 花咲一休 第5噺 『一休』と『鏡の化け物』
オレ何だかんだ言ってこれ結構好きかも知れん。

いやmagico以外の新連載はダメみたいだしね…。オレ何だかんだ言ってどれも嫌いじゃないんだけどちょっと残念。

と言う事でこれくらいは残っても良いかな?とか思ったり。

今回の噺もなかなかとんちが効いてて面白かったし、結構いい噺だったしね。

最後の、

「嫁の…鏡だ」

は上手かったしな。ちょっと感心してしまった。

ホントこの作品の出来はとんちの巧さにかかってると思う。

この調子で頑張って欲しいものですな。



超能力者 斉木楠雄のΨ難
オレやっぱりこれ嫌いじゃないw。

今までのこの人の作品と比べると一番好きかな…?

とは言っても連載になっても面白く無さそうだけどw。

この人の作品の中じゃ珍しく主人公がうざく無いしね。読みやすくはなってると思う。

よく考えると今までの作品って誰も彼もがうざかった気がするな…w。

だからこそそこそこ面白いのかも…?






テーマ : 週刊少年ジャンプ感想 - ジャンル : 本・雑誌

ジャンプ 26号 特になし

なんか最近ジャンプの感想しか書いてない気がしますねー。

まあ本を読んでいないので仕方無いって言えば仕方無いんですけど。



ナルト NO.541 雷影VSナルト?
いやーいっつも思うんだけどね。

こういう自分が戦いに出てしまえば世界が終わってしまうって状況でノータイムで悩みもせずに出て行く主人公ってのが許せないんだよね。

そりゃ出て行かないと話が成り立たないってのは分かってるけど、せめて悩もうぜ?お前何も考えてないだろ?絶対脊髄反射で飛び出してるよね?

何と言うか…。頭悪いよね。ちょっとね。

「皆が死んで戦争に勝ってオレだけ生き残ったって――そんなの意味ねえ!! オレはイヤだ!!」

って完全に自己満足だろ…。せめてお前のために、世界のために戦ってくれてる仲間のことを考えろよ…。一瞬でも考えてないだろ絶対…。

何と言うか…。これでピンチになるって展開だから仲間たちは報われないよね…。

こういう所があるからオレナルトのことを好きになれないんだと思う。



べるぜバブ バブ110 とりあえず一件落着!?
いやいやいやw。どうなってらっしゃるんですかw。

もうオレは意味が分からないよ…w。何がなんやらって感じだよね…w。面白いから良いんだけどね…w。

いやー…。まさか古市のせいで全面戦争になるなんて思いもしないし、入れ替わるなんてね…w。

次回どうなることやら…w。

どうせベル坊がのぞき込んで脱ぎ始めたりするんだろうな…w。

…それ犯罪じゃね?



magico 第13話 まっすぐに
ヤベ…。エマ可愛すぎる…。

もうね…。エマの可愛さだけで満足だよね…。エマが可愛ければ何だって良いよ…。

いや普通に面白いしねうん。多分。

自分じゃよく分からないんだけど、まあ多分きっと面白いんじゃないかな?

オレ基本的に面白いって思い込み始めたら自分じゃ分からなくなるからな…。

いやでも一応そう思ってた作品でもちょっとずつ冷めてくことあるから大丈夫なんじゃないかな?

うーん…。しかし半蟲半人ってのはなかなか…w。

ちょっと気味が悪いけどね…w。

しかし箒魔法って意外と高度な魔法だったのね。ビックリ。



SKET DANCE 第187話 バレンタイン・クライシス 中編
ア…アカン…。モモカが…。モモカが…。

可愛すぎるやないかーい!!!!

いやアカンでしょこれ。可愛すぎるでしょ。ダメだよこれアウトだよ。

まさかまさかのこの可愛さって半ば予想はしていたけどそれの遥か上を行ってくれる可愛さだよ。

しかも篠原さんが上手いのはボッスンで軽くテンション下げさせておいてのこのモモカの可愛さって所ね。

いや…。てっきり両方をメインとして持ってくのだとばかり…。予想外だ…。

なるほどな。今回はモモカで行くわけですね。んで後編の最後の方でボッスンの「おお…」ってテレが見られるって寸法ですかな?

いやーテンション上がるわー。モモカ可愛いわー。

最後のページのスイッチの物憂げな顔にモモカの可愛さ…。

アカンって…。あのページ素晴らしすぎるだろ…。



めだかボックス 第100箱 「クイズを出して頂戴」
さてさてさて。アニメ化が決まったのか決まってないのかデマなのかデマじゃないのかよく分からないめだかボックスですが、まあ確実なのは今ジャンプで一番面白いのはこれってことだよね。

いやー。オレ自身もそう思ってるんだけど、周りも結構そうっぽいんでね。きっとそうなんでしょう。ええ。

しかし相も変わらず色々と詰め込んできますよね。

どうしてそんなに委員長が多いんだとかそんな大仰に委員長を扱うものなのかとか色々と委員長絡みで突っ込みたいことはあるんだけど、それがめだかだろって言われるとそれまでなんですけよね…w。

中学生たちの頑なにキャラを守ろうとする所胸が熱くなりましたしね…。もう可哀想で可哀想で…w。

しかしまあ財部ちゃんは可愛いですねぇ…。おいちゃんちょっと微笑ましくなりましたよ…。

突破する方法も西尾維新らしく、そしてめだからしかったですしね。

なかなかに素晴らしいようん。

ただ気になったのは十二町図書委員長はアニメ化するとしたらあの引用の所はどうするんだろう…?って事なんだけどね…w。

いやそれ言いだしたら球磨川とかどうしようもないじゃんって話なんだけどw。



うーん。本格的にmagicoだけが残り始めた感じか…。

まあ、magicoが残ってくれるんなら良いんですが。

でもやっぱり新連載が弱いよなー…。

ジャンプもサンデー、マガジンみたく連載終了した有名漫画家連れてくればいいのに。




人気ブログランキングへ


テーマ : 週刊少年ジャンプ感想 - ジャンル : 本・雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。