スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春休み特別企画「化物語」読んでやんよ

ハイ。と言うことでね。

始まりました、春休み特別企画「化物語」読んでやんよ。

そうです。ボクの大好きな作品「化物語」をもう一度読もうと思います。

これ、いつか紹介したいって思ってたんです。でも、このブログ始めたときにはもう読んでたんでね。

また読んで紹介しようってことです。ハイ。


西尾維新って作家は前から好きだったんです。「戯言シリーズ」はものすごく面白かったですし。

彼の作品はほとんど読んでたんです、「化物語」を除いて…。

そして、アニメが始まりましたね。昨年の7月ですか。素晴らしかったですね…。

ボクはあれ以上のアニメを見たことがないです。

そして、小説を読んでみるでしょ?もうビックリですよ。こんな面白い作品読んだことがありませんでした。

ほんと悔やみましたね。なんで先に読んでおかなかったんだって。

だってアニメですらあんなに面白かったのに、それの遙か上を行く面白さでしたから。


生まれて初めてアニメのDVD買いましたモン。面白すぎて。

もうね。神ですね。あのオーディオコメンタリー…。

笑いっぱなしですよ。


これです

化物語 ひたぎクラブ 【通常版】 [DVD]化物語 ひたぎクラブ 【通常版】 [DVD]
(2009/09/30)
神谷浩史斎藤千和

商品詳細を見る



まああんまり書きすぎるとそれぞれのところで書くことが減っちゃうんでね。この辺で。

もしかしたら、春休み中に読み切れないかも知れないですが。その辺はご愛敬ってことで。

長いですしね。

しばらくは本の感想は今までみたいに日に1本ってのはムリですね。

と言うことで始まります。「化物語」読んでやんよ。

お楽しみに~。



スポンサーサイト

有川浩

ボクの今一番好きな作家さんです。


デビュー作「塩の街」で電撃ゲーム小説大賞を受賞したんですが、編集さんはあまり受賞させたくなかったそうで、何故かというと、編集部の方針としてはハードカバーで出版させたかったみたいで、でも受賞してしまったものだから、電撃文庫で出版せざるを得なかったんです。あまり力を入れてない証拠に、挿絵はかなり残念な物でした。

そして、第2作「空の中」で異例のハードカバー出版、そもそもメディアワークスからハードカバーで出版されたのは、初めて(と聞いたような?)。確かに、彼女の作品は電撃文庫で出すべき物じゃないと思いましたね。

陸海空軍3部作「塩の街」「空の中」「海の底」を出版したあと、彼女を有名にした、「図書館戦争」シリーズで星雲賞や、「本の雑誌」が選ぶエンターテイメント第1位を「本屋大賞」で第5位を獲得。かくいうボクもこれで、有川先生のファンになっちゃいました。

こんなに、一般書籍で評価を得ているのに、彼女は自身のことを「ライトノベル作家」と言っています。彼女が書いているのは大人向けのライトノベルだと。評価を得たといって、ヲタクを見捨てないんです。いい人です。一生ついて行きます。



それぞれの本はそのうち感想を書いていくとして、有川先生の特徴?をあげていこうと思います。

まず、有川浩で思い浮かぶのは先ほども言った、「図書館戦争」です。読んだとき、かなりの衝撃でしたね。まさかのSFとラブコメの融合という。おそらく、生まれて初めて読んだ、ラブコメだったと思います。宮部みゆきや東野圭吾などの推理小説しか、読んでなかったですから。もしかして、これ読んで、ラノベに興味がでたんでしょうか?
でもすごかったです。図書を巡ってバトるっていうとんでもな設定なのに、なんの違和感もなく読めるんです。

んで、ラブコメの特徴として、男女間にコンプレックスのあるカップルが主人公、ヒロインです。そして、基本的に、男のツンデレが多いです。男のツンデレって…と思うかも知れませんが、特に違和感ないです。って言うかむしろ良いです。
だって現実に考えたら、男の方が、素直じゃないでしょ。子供の頃の好きな女の子にいたずらなんて、典型的じゃないですか。

そして、ヒロインを始め、女性キャラが可愛いです。なんかもう、彼女の作品読んでると、めっちゃうらやましくなります。こんなのして~みたいな。

あと自衛隊とか軍隊とか大好きみたいです。設定っていうか、細かいとこまでよく調べて、うまく書いてます。



こんなかんじですかね?有川さん本人の言いたいことは。作品はさっきも言いましたが、ちょくちょく感想書いてきます。でも、ホント面白いですよ、有川先生の本は。外れがないです。読んで幸せになる本を読んでみませんか?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。