スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

変態王子と笑わない猫。 2

変態王子と笑わない猫。2 (MF文庫J)変態王子と笑わない猫。2 (MF文庫J)
(2011/01/21)
さがら 総

商品詳細を見る


レーベル史上最高の初動売り上げを誇るこのシリーズ第2巻。
いやそりゃしょうがないよ…。この絵を持ってこられて、このタイトルだったらもう買うしかないでしょう…。
来年のこのラノに入ってきそうな気がするな…w。
しかしまあ梓可愛いよ梓。


あらすじは…
夏が終わる。十六歳のたった一度きりの夏が。いったいぼくはなにをして過ごしたというのだろう? 大いに焦る横寺陽人は、今日も今日とて空回り。月子に振られ、小豆に振られ、ポン太に振られ――自宅までも消滅した! なんで? どうして? どういうこと!? 雷雨のなかにひとり、なにもかも喪って、どこに行くあてすらもない。「それなら先輩。今夜は私の家に泊まるですか」「あ、うん。うん?」
――夏の終わりの台風日和。最後の最後に、最高のホームランイベントが待っていた!風呂場の裸。縛られる布団。落ちる手錠。破られる衣服。そして――土蔵に潜む猫?
早くも人気沸騰の爽やか系変態青春ラブコメ第二弾! バイバイ、ぼくの初めて――

みたいな感じです。


ヘンティカンヘンタイ!


いやまさかの梓ターンじゃないって言うね。正直言ってここまで表紙で可愛い梓持ってこられたら期待してしまうやろが!!

ただまあそうは言っても相変わらずの破壊力というか何というか。

電車の中じゃ読んじゃいけないよ!お兄ちゃんとの約束だ!!変な目で見られるよ!!!

まさかの鋼鉄の王ターンではありましたけど、十分って言うかめっちゃ面白かったです。

ただね…。やっぱりそうは言っても月子が可愛いんですよ…。ええ…。


ラブコメ恒例と言ってももはや過言じゃないはずついに野郎(変態)は夏休み最終日ヒロイン宅お泊まりイベントに乗り出した挙げ句メインサブヒロイン大集合と相成った上に台風のせいでヒロイン宅から抜け出せず次々とイベントを起こしまくるって言うね。

いやもう殺っちゃってくださいお姉さん。彼を放置しておくとろくなことになりませんよ。

ただここまで在り来たりで良くある展開を繰り広げておきながら全く飽きを感じさせないこの作品はもの凄いと思いますね。

むしろ良くある展開を生かし切っているからこそ飽きを感じないのかも。ラブコメで裏かいたり、突飛な展開を持って行って面白かった作品無いですから。

ただね…。一つ言っておきたいことがありますね…。

キャラクターの魅力増してるじゃないか…。

………。

魅力増してるじゃないか!!!

展開や設定が1巻でお披露目になった物のキャラクターたちの魅力はまだまだ出切っていなかったようで。

2巻を読んでまたさらに魅力が増してましたよ…。


鋼鉄の王は…。つくしは…。

もう凄すぎるだろw。

いやあそこまで誘惑かけに行って色気が出ない女性も珍しい。って言うか彼女の他には皆無じゃ…?

そうは言っても魅力があるのが彼女なんですけどね…w。

何というか、色気は無いけど魅力はあるみたいな?…ヴィジュアル的には一番色気あるはずなのにな。

でも、やっぱりああして頑張っている彼女を見ているとね…。色気は感じ無くても「…頑張って」と声をかけたくなる物ですよ。え?トーンはご想像にお任せします。

しかし、あの頭の弱さって言うか単純さって言うかアホさ加減って言うのはどうにかならないものか…w。

変態と良い勝負だと思われます。って言うか変態に言いくるめられてるってことはそれ以下か。

ただこれから先良い感じで活躍してくれそうな引きで。いや楽しみですな。


そして月子。うん何といっても月子。

もう一つ一つが可愛すぎるんですがどうすれば良いんでしょう?

梓も可愛いですが、やっぱり何といっても月子。うん可愛すぎる。

何といってもあの料理をしてる場面…。あそこの可愛さはもう尋常じゃない可愛さであってもう可愛いなんて言葉で表しきれることが出来るかって聞かれると否って答えるほどであって…。

結局何が言いたいのかと言うと月子が可愛いってことね。

Tシャツオンリーであの無表情な月子が鼻歌うたいながら料理しているなんてもう俺得過ぎて困る。

だってね…。オレ女の子が料理してる姿とか絶対好きですからね?いや裸エプロンももちろん男の夢ではあるけど、だぼだぼの自分のTシャツを彼女が着るなんてそれ以上じゃない?

その上料理が上手とか…。素晴らしい…。オレに料理を作ってください…。

はー…。まさかここまで可愛くなるとは…。いや前から可愛かったけどもね?


そして、この作品の素晴らしい所はそれだけで終わらない所。

そんな彼女の言動に潜んでいる「寂しさ」。それが明らかになったときもうたまらなくなりましたね…。

多くは語られていない物の、幸せとは言えない筒隠家。広い屋敷で姉妹たった二人で過ごしていて寂しさを感じないはずはない。

そんな彼女たちが望んだこと…。それは「楽しい」家族が出来ること。

形は違うけれど、彼女たちがそれぞれ望んだことは本質的には同じことで。その形が違う理由は彼女たちの気持ちの強さから。

ただそれもどちらが強いからどうだとか言う事じゃ無いんですよね。

外で頼られ、気丈に振る舞う姉・つくしは家族の絆がより一層強くなることを求め。

「強い」姉を持ち一人を誰よりも寂しがる妹・月子は一人の時を無くしたいと願い新たな家族を求めた。

「一緒にいるって言っていたのに。そんな人――嫌いです」

ここに込められた思いを考えると自然とね…。

ただそんな彼女に面と向かって真っ正面から向き合う横寺は格好良かった本当に。

まあこれだけが取り柄みたいな男ではありますが、そうは言ってもああもはっきりと自分の気持ちをぶちまけてくれる姿はやはり見ていてとても気持ちが良いし、格好いいです。

うん…。よくよく読んで見ると相変わらずの変態なんだけれどもね…。



しっかりと設定を加えて、世界観を広げてきた今巻。いや良いですね…。

笑わない猫以上に謎の多い土蔵の猫。そしてまだまだ彼女らの心に潜む両親の死。などなどまだまだ楽しみなことは増えるばかり。

そして、今回は表紙を飾りながらメインを筒隠姉妹に取られてしまった梓。

彼女も次巻ではしっかりと活躍してくれそう。

いやマジで今回も可愛かったんですけどね?マジ腹をまさぐられる所とかハンパなかったですよ?

ただやっぱり月子の可愛さは…。うん勝てなかった…。

表紙を次巻と変えたら良かったんじゃないかな?とか思ったり思わなかったり。

そしてね…。相変わらず最高のイラストを提供してくださるカントクさん…。

もう一周回ってカントクさんが可愛く思えてきますよ(←え?)。



うん。このシリーズやっぱり好きですね。MFじゃ一番かも。って読んだことあるのこれとはがないだけですが…w。

3巻も楽しみで楽しみで仕方ないです。

次巻『小豆梓の逆襲』。刮目して待て!!



←変態王子と笑わない猫。へ


人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ : ブックレビュー - ジャンル : 小説・文学

僕は友達が少ない⑤

僕は友達が少ない (5) (MF文庫J)僕は友達が少ない (5) (MF文庫J)
(2010/11/20)
平坂 読

商品詳細を見る


と言う事で5巻。やっと追いついたぜ!!


あらすじは…
ある日父・隼人から電話でよくわからない話を聞かされて驚く羽瀬川小鷹だったが、星奈にそれとなく確認してみたところ、彼女のほうは特に変わった様子もない。一応気にはなりつつも、隣人部ではいつものように残念な部員たちとの騒がしい日々が続いていく。遊園地に行ったり温泉に行ったり理科が作ったタイムマシンで過去に行ったり(!?)、いろんなところにGO(5巻だけに)! 隣人部の人間関係にも変化がおとずれる、はいてもいるしはいてなくもあり、ついているようでついてない、大人気残念系青春ラブコメディ、変化と原点回帰の二学期編突入!

みたいな感じです。


と言う事でやっとこさ最新刊に追いついたわけですけどね…。

ちょっと衝撃の事実が発覚してしまいましたね…。
















夜空が可愛いんだけど…。

……。

夜空が可愛いんだけど!!

ああ…。どっかの誰かが「ついに黒髪ショートの魅力にやられたか!」とか高笑いしている声がする…。

でもね…。やっぱりね…。夜空可愛いんだわ…。

まさか星奈派のオレが夜空に鞍替えするときが…いやまだ来てないよ?まだ夜空派だとは言わないからね?どちらかと言えばマリア派だよ(あれ?)!


まあ世間は幸村の正体やらで盛り上がってるみたいだけど、読むの遅かったオレはすでにネタバレされて知ってたし、特に幸村に興味なかったからね。

まあ、普通に真実を知ってたから読んでる最中はやっぱり幸村可愛かったけども。

それよりも何よりも夜空でしょう夜空…。

幸村に対して焦りを見せる夜空とか、乙女ゲーする夜空とか、小鷹に苛立ちを隠さなくなってきた夜空とか…。

マジ可愛すぎる…。

え…?オレは夜空派じゃないよ?

「………もうヤダ……ほんとついてない……なんでこんなに上手くいかないんだよぅ……」

でもこれはマジでヤバかった…。この瞬間だなオレが夜空h…。いや何でもないよ?オレはマリア派だよ?オレはロリコンじゃないよ?


いや別に星奈がダメって訳じゃないんですけどね。

さすがに小鳩に迫る彼女には鬼気迫る物って言うか、もうそれこそ引くくらいの物を感じますね…。って言うかさすがにやりすぎ…。

別に最初の方は特に良かったんですけどね。って言うか星奈の家に二人が行くまでは普通ににこやかに見てましたし。

ただその後の彼女はやり過ぎ感が…w。もしかして読たん狙ってるのか?

ただ小鳩に迫る星奈が桐乃と被るのはオレだけなのかな?

星奈に桐乃を当てはめても全く同じ状況になりそうな気がするんだけど…。ただ桐乃の場合マリアにも行くからちょっと違った事になるかな?

って言うかもしそんな状況なったら桐乃鼻血出して倒れそうだな…。


しかしまあ今回は本当に全員が可愛かったなー…。

前巻まで特に気に留めてなかった幸村も可愛いし。

ただやっぱりマリアが可愛いんだよ畜生…。え?オレはロリコンじゃないよ?

…いい加減言い飽きたんだけどオレはロリコンじゃないからねその辺分かってねいい加減。

ただ、幼女だからって拗ねるマリアは可愛かった…。和む~。

そして理科が…。理科が可愛いよ…?何でだ?何があったんだ?

やっぱりなー…。こういうキャラはぐいぐい来ると強いよな…。

ただ気がつかない小鷹は爆発すべき。小鷹爆発しろ!

しかし、いつから理科はそう言う感情を抱いてたんだ?

なんか気づいたらアピールしてたって感じなんだけど。まあ可愛いから良いや。

ホント前巻と言い、今回と言い地味にアピールしてたのになー…。小鷹爆発するからなー(あれ?)…。


本当に小鷹だけは心の底から残念だ…。完全にモテる男の要素は満たしてるのに…。

ヤンキー。地味に優しい。細かい気配りが効く。女性の変化に良く気づく。特に女性を褒める事に気後れしない。

……。

ちょっと連中を「女性」って言ってるとき少しむず痒かったのは気のせいかな?

ただこうして見ると本当にモテる男じゃないか。

まあ、それ以上に残念な面が多いんだろうけどな…。

類は友を呼ぶは恋人に対しても当てはまるんだ…。また一つ学んだ。


なんかもう相変わらずというか何というか。

ホント毎回毎回相も変わらず『残念だ』としか言いようがないんだけど、気づいたら少しずつこのシリーズを好きになってる自分がいるんだよな。

本当に不思議な作品だ。

しかし、ここまで先が予想できない作品も珍しい。

あんなラストではあったけど、大して変わるとは思えないし、正直このまま行って欲しいw。

って言うか3巻、4巻とまさかの引きで結局何も無かったからどうせ今回もって言う感じが…w。

いやもしかすると読たんならそれを裏切るためにぶっ込んできたって言う可能性もない訳じゃない…。

…もう良いや。何となくこれの先を考えても意味ない気がするし、考えたら負けな気がする。

そんなの関係無しに次を楽しもう!!

とりあえず次巻が楽しみです。







しかし夜空が可愛いんだがどうした物か…ブツブツ………


←僕は友達が少ない④へ


人気ブログランキングへ


↑もう良いや夜空可愛いよ夜空

テーマ : ブックレビュー - ジャンル : 小説・文学

僕は友達が少ない④

僕は友達が少ない 4 (MF文庫J)僕は友達が少ない 4 (MF文庫J)
(2010/07/21)
平坂 読

商品詳細を見る


さてさてやっと4巻です。


あらすじは…
夏休み明けに衝撃的な出来事があったものの、羽瀬川小鷹は相変わらず友達のいない学校生活を送っていた。一方隣人部では、夜空に触発されて他の部員たちまでイメチェンに挑戦したり、手つかずだった小鳩の夏休みの宿題をみんなで手伝ったり、BLアニメを鑑賞したりと、これまでどおりの残念で賑やかな日常が繰り広げられるのだった。しかし、一見前と変わらない様子の夜空が、たまに可愛い素振りを見せることが……。これはもしかして――デレ期? 一方星奈の父・天馬と小鷹の仲も深まったり――。大人気残念系青春ラブコメ第四弾、僕たちの熱く残念な季節は終わらない!

みたいな感じです。


ハッハッハー。ホント面白いなーもう。

何が残念だこの野郎…。

と言う事でそろそろ追いつくぜこの野郎。首を洗って待ってろよ小鷹。

と言う事で4巻。まあ、相変わらずの面白さ。

そして、それ以上の残念さ…。

そしてそして、それ以上の女性キャラクターたちの可愛さ…。

小鷹許すまじ…。


と言う事で前巻衝撃の展開で終わったこのシリーズ。

ただ、だからといってかけらも彼らの関係が変わっていなかった事は喜ぶべき事なのか、それとも哀れむべき事なのか…。

まあ、

俺と夜空は――『タカ』と『ソラ』は――かつて友達だった。

ここは少し悲しい物が心によぎったけどな…。

けどそんなの読み終わる頃にはすっかり忘れてたんだけどな!!

しかしもう本当に残念で残念でしょうがない。

特に星奈が…。ヤバイ…。そろそろ星奈の残念具合が酷い事になってきた…w。

ただその残念具合が良いんだけどな!!

まあ、そのせいで最近は星奈を可愛いと思えなくなってきたんだけども…。

イラストの酷さがハンパじゃない…w。口絵の寝っ転がっている場面なんてホントその最たる例。

あれをこのラノで見たときは不覚にもドキドキしてしまったんだけどな…。あんな状況下だったなんて知りたくなかった…。


そして、最近マリアの可愛さがもの凄いと思う。

マジで和むんだわ…。って言うかもう最近はマリアに対して残念だとか思わなくなってきた。

もうあれは残念じゃないよ…。むしろ可愛くさえ感じるわ…。

それほど周りの奴らの残念具合がヒートアップしつつあるんだろうな…w。

だからこそ和むマリアが良い…。

小鳩も和むんですけどね…。やはりまだ少し残念成分が…w。

そしてまさかのお姉さん登場。

ケイト良いなー。オレかなり好きですねー。

ただ、まさかの妹以上に残念って言うか普通に行動面ではピカイチに残念なお姉さんだったのでさすがにあれは残念じゃないとは言えない。絶対言えない。

まあイラストは完全にマリアとしか思えなかったんだけど…w。

それに言動も言動ですからね…。マリアが出てくるまでもしかしてマリアが成長したのか!?なんてあり得ない予想してました。…理科だったらそんな薬作りそうだな。

ただ彼女みたいなシスターは良いと思うな。

やはり彼女も頭良いみたいだし。きちんと色々な事を理解した上でキリストに使えている。

一応カトリック校に通ってますからねー。あんな話ならいくらでも聞いていたいんですけど。

って言うかホントこの姉妹の頭の良さはハンパじゃないな…w。


と言う事で小鷹家にマリアが出家した話が一番好き。あゴメン家出の間違い。

しかしまーもーホントマリア可愛い。

和むなー…。ホント和むなー…。

家出するのに、うちの人に家出先までついてきてもらう奴がどこにいるんだよ…。いやまあここにいるんだけどね。

そして、それ以上にケイトが可愛いw。

まさかシスコンだったなんて思いもしなかったけど。って言うかもうあそこまで行くとヤンデレ?そのベクトルは妹に向いてるけども。

それと比べて元気なマリアとを見ていると悲しい物があった…w。

姉の心子知らずって所か。

って言うか小鷹は何マリアの裸見てるの?捕まりたいの?そうなの?


あとはやっぱり『王様ゲーム』かな?

ああ…。もう良いや…。夜空可愛いわ…w。

あれだなー。残念な方向に可愛いなー。残念な方向に可愛いってどういうなんだろうなー。

しかしホント夜空らしい話。何に対しても自分が本気で楽しむためなら何でもする。そしてその結果自滅w。夜空可愛いよ。

ただ今回は星奈も残念に可愛かったw。それでこそ星奈です。

って言うか本当に頭良いのか?とは思うけどw。

「勉強が出来る=頭が良い」では無いとは前々から思っていたけど、確実にこのシリーズ読んでるとそうですよね…w。

そもそも頭が良い奴はこんな状況に陥らないw。

「あははっ、このあたしが自分の命令を食らうわけ無いじゃない!」

星奈よ…。そろそろ認めるのだ…w。


まあ、ラストは特に驚きもしないですが。けど面白そうなので全然OKですw。そしてかけてきた人物がまさかw。

ペガサスさんの反応見てたらそろそろかなー?とは思ってたんですけどね。

あんな状況とは思いもしなかったw。

ただ、ペガサスさんはなー…。無いなー…。

あの場面でお前が入ってくるのかよ…。と落胆した星奈派はオレだけじゃないはず…。

あの時ほどペガサスさんと読たんを恨んだ事はない…。

正直言って、他の面々が強すぎて幸村が弱かったきらいはあるんですけどね…。

しかしまあ、みなさんアクの強い事…。理科はもう本当に酷い。

でも5巻じゃ色々とあるらしいですからねー。って言うかどうなるかは大体知ってるんですけど。

まあ、そこまで幸村はキて無かったので別に良いかな?5巻に期待しよう。

その辺も含めて残念な面々の残念な新刊が気になる。

はよ5巻読まにゃ。



僕は友達が少ない③


人気ブログランキングへ


↑マリア可愛いよマr…オレはロリコンじゃない!

テーマ : ブックレビュー - ジャンル : 小説・文学

変態王子と笑わない猫。

変態王子と笑わない猫。 (MF文庫J)変態王子と笑わない猫。 (MF文庫J)
(2010/10/21)
さがら総

商品詳細を見る


と言う事で色んな所で大好評変態王子です。

MF文庫Jの新人賞で最優秀賞らしいです。


あらすじは…
横寺陽人は頭の中身が煩悩まみれな高校二年生。ひょんなことで“笑わない猫像”に祈ったら、心で思ったことがいつでもどこでも垂れ流しになってしまった! 人生の大ピンチを救ってくれたのは、クールでキュートな無表情娘、筒隠月子――
「頭の先から尻尾の終わりまで撫でまわしたくなる感じの子だなあ」「変態さんですね」「ち、違っ、褒め言葉の一種だよ!?」「裁判沙汰の多そうな変態さんですね」「!!??」
とにもかくにも猫像のせいで喪われた本音と建前を奪還しようと、ふたりは協力してアニマル喫茶に行ったり水着を買いに行ったりお嬢様のペットになったり――ん?第6回新人賞<最優秀賞>受賞、爽やか変態×冷ややか少女の青春迷走ラブコメ!

みたいな感じです。


ヘンティカンヘンタイ!(挨拶)

と言う事で読んでしまったこの作品。まあ、結論から言うとね。











…ダメだろ。

…これはダメだろこの作品。

…絶対マジでダメだろこの作品。











面白過ぎるやないかい!!!

マジで面白いな。MF文庫J来てるなマジで。

ぶっちゃけこれと「はがない」しか読んで無いんだけど凄いなMF文庫J。

正直な話、はがないより好きですはい。

話の流れはまんまあらすじの通り、キャラクターの説明はタイトルの通りなんだけど…。

本当にこの作品良い!オレは大好きです!


いやー。良いねー。

MFは本当に今までにない頭のおかしい作品を世に送り出してくれる。

…今まではゼロ魔のイメージしかなかったのにな?どうしてこうなった?

何というか最近ついたMFのイメージは「全く頭を使わずに読める」ってことかな?はがないしかり、この作品しかり。

本来ライトノベルの正しいあり方ってそう言うものだと思うんだけどね。それが好きかどうかは別として。

ただ今まで本当に心から「面白い」って思えて、「全く頭を使わずに読める」作品はあんまり会った事が無いんですよね。って言うか記憶にない。

バトル系を除いて自分で買った作品って基本的に「ライトノベルしてる作品」ってあんまり無いんですから。

基本的にそう言う作品って積極的に読みに行かないのかも?

けどこれは違う。本当に面白くて、頭使わずに読めた作品だった…。

ただ外で読むべき物じゃ無いな…w。特に病院とかは避けた方が良いですよ…w。

診察待って静かにしてるなか笑いをこらえるのは辛いのです…w。


まあモチロンの事だけどキャラクターが素晴らしいな。

主人公の横寺はモチロンの事(正直な話『変態』で脳内認識してたから横寺という呼び方に違和感がある…)、筒隠が超可愛い…。

何というかね…。良いね…。

オレロリコンじゃないけどこれは良い…。和む…。

こういう妹欲しい…。自分を女にしたような妹じゃなくて…。

そして、この二人の絡みがもう…。ニヤケがとまらない…w。

望んだ結果では無いけど、『本音』を失ってしまった筒隠の様子がとてもいじらしいです。まあ、失ったと言っても表す事が出来なくなったってだけで、感情を失った訳じゃないけど。

その結果とはいえ感情を隠した(?)感じの話し方がたまらない…。

少しの機微の違いから見え隠れする彼女の『本音』がね…。そして変t…もとい横寺だけが彼女の『本音』を分かっているって言うのがね…。殺したくなr…もとい羨ましくて殺したくなるよね(あれ?)。

そして、自業自得ではあるけど、『建前』と『本音』を失った彼らが後悔しながら(?)取り戻そうとする姿は凄く良い物がある。


しかもね…。その他のキャラクターがまた良いね…。

特に誰が良い!って言えないよ…。一人一人が素晴らしいんだもん…。

筒隠のライバル?小豆も良いしね…。ナイスツンデレだよ…。ツンデレ大好き…。

しかもそれだけじゃないって言うね。盛り込んでくるね。素晴らしいね。

そして、変t…横d…変態のニブチンっぷりも良いね。テンプレだね。

ただこの場合彼女なかなかに積極的だから小豆の可愛さも際立つって素晴らしき寸法。


そしてラスボス『鋼鉄の王』が…。マジパネエッス…w。

いや最初は素晴らしいお姉様キャラだと思いきやまさかの『最悪の王様』疑惑からの最後の素晴らしきかな『鋼鉄の王』と言うね。

うん何言ってるか分からないね。まあ、読んだら何となく分かります。

ただ、ここまで評価をコロコロ変えて読者を惑わせるなんて…え?最初の素晴らしきお姉様キャラって思ってのはお前だけ?そんなはずはないで…しょ…う?え?無いよね?

まあ他にもいますけどねー。小豆のお母様やらポン太やら。

基本的にキャラクターの造りが上手いんですよね…。


まあ、話の流れはごく普通にラブコメだけどそれでも面白いですよ。

基本的にラブコメって会話が素晴らしいと良い物になってきますからね。

そして、キャラクターが素晴らしいと自然に会話は面白くなってくる。

と言う事は?この作品は素晴らしいって事ですね。ええ。

ただちょっと気になったのは中盤からの変態(あれ?)の『建前』の方。

正直な話、ちゃんと戻ってたのか戻っていないのかって言うのがよく分からなかったです。

まあ、筒隠の前じゃ『建前』が必要なくなったって考えれば納得出来るんですが…。

うんそれで良いか。下世話な詮索はよそう。せっかく何も考えなくて良いんだから。


本当に良い作品だったなー。凄く面白かった。

やはりこの作品の魅力は一貫した変態(もう良いや)の変態っぷりとキャラクターの可愛さと。

なんと言ってもイラストの素晴らしさだよね!マジで可愛いね!

もう本当に素晴らしい…。こんな可愛い絵を描く事が出来るイラストレーターがいたんだね…。もう大好きだよホント…。

筒隠は本当に素晴らしい…。この表情がない中に表情が現れる絶妙な上手さが…。

そんな事関係なしに可愛いから良いんだけどね!

しかし変態の変態っぷりはどうすれば良いんだろう…?

あいつ変態チックな事口に出すとき必ず『!』マークついてるんだよね…。どれだけ力入れてるんだろう…?

しかもと言う事はだよ。大抵の事は変態発言だから大抵が『!』ついてるからね。そこだけ見ればどれだけ熱いキャラなんだってことですよ。

まあそんな所も生暖かい目で見てあげて下さい…w。




人気ブログランキングへ


↑イラストがマジで良い…

テーマ : ブックレビュー - ジャンル : 小説・文学

僕は友達が少ない ③

僕は友達が少ない〈3〉 (MF文庫J)僕は友達が少ない〈3〉 (MF文庫J)
(2010/03/24)
平坂 読

商品詳細を見る


表紙の小鷹のぬいぐるみ。これも小鷹が表紙に出たって事になるのか?


あらすじは…
友達作りを目的とした残念な部『隣人部』が誕生して一ヶ月。努力の甲斐もなく、羽瀬川小鷹たち隣人部の面々は誰一人友達ができることなく夏休みを迎えてしまった。様々なイベントを経験し、友情が深まる―リア充たちがますます繁栄する季節、夏。来てしまったものは仕方がないということで、まだ見ぬ「友達と一緒に楽しく過ごす夏」の予行演習のためにプールに行ったり合宿をしたりする隣人部のメンバーたち。果たしてその成果はあるのか、そもそもそんな練習に意味はあるのか…!? 露出度アップなのに残念度もアップの残念系青春ラブコメ第三弾、夏こそホットに残念。

みたいな感じです。


ダラダラと読んでしまった…w。

読み始めて2ヶ月が経ってたwww。

いやここまで一つの作品を読みっぱなしってのは初めてかも知れないですね。

まあ、基本一話完結で繋がりがほぼ無いですからね。

しょうがない。…のか?

このラノ第2位と大躍進のこの作品。

それが無かったらもしかしてまだダラダラと読んでいたかもw。


ただ面白く無かったから読みっぱだった訳じゃない。うん。

しっかり笑って、残念だって呟いていた。

って言うかもうここまで来ると頭が残念なんじゃないか?と思わなくもないw。

そして物語の季節は夏…。夏と言えば海…w。

いやこいつらは本当に楽しそうだったうん。

そして挿絵がイカン…。アレはイカン…。

ブリキさんリアルに…。イカン…。

星奈が…夜空が…マリアが…小鳩が…幸村が…可愛かった…。

うぇ?理科?なんかアイツの絵はつわりが来てる絵にしか思わえなかったw。

特に星奈はな…。やはりあの存在感の大きな乳はな…。水着だと映えるぜ…。

って言うかがはみ出てるやないかい。

その上恥ずかしがってはにかむ星奈が…。うんオレはやっぱり星奈派。


まあ、半分くらいは読んだのが一月以上前なんで覚えてないんですがw。

ただ、やっぱり星奈の家は凄かった。

うんインパクトがハンパないw。

そりゃペガサスはダメだろw。どんなDQNネームだよw。

まさか40年前にあんなDQNネームつけた奴がいたとは…w。

思ったのは漢字じゃ格好いいんだからもう天馬で名乗っちゃえば良いんじゃ?ってこと。

だけどまあダメか…w。

それだけじゃない。星奈がヤバかったw。

まあ、期待していた通りって言うか何て言うか。

あのイラストは吹いたw。『肉』のイラストが出た作品なんて他にない。

しかしまあ星奈の『肉』はホントご馳走様でした…。ありがとう。

でも、何でだろ?何故か小鷹があのシチュエーションに遭遇すると腹が立つ。

確かにラブコメのテンプレではあるけど…。何故か小鷹には腹が立つ。

リア充死ねリア充死ねって言ってる割にリア充でも遭遇しない場面に遭遇できるって言うのが…。許せん。


まあ、地味に物語は進みましたが。

ただ。あれがあったからと言ってこの先彼らが変わるって言うのは想像できないです。

それが残念な面々の残念であり良い所。

うん早く4巻読まないと。




人気ブログランキングへ


↑隣人部のついったインタビューを見ながら

テーマ : ブックレビュー - ジャンル : 小説・文学

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。