スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

百舌谷さん可愛らしい

アフタヌーン連載中の『百舌谷さん逆上する』が面白過ぎて辛い…。


いやー。もうアレね。何回も言ってるけど自分の嗅覚が恐ろしくなるね。漫画限定だけど。

アフタヌーンに面白い作品が多かったので(と言ってもちょっと前だけど)購読し始めました。ついに。

今連載中のは『ブレッド・ザ・ウィザード』と『ネクログ』しか読んでなかったんだけど買ってみて正解。こんな面白い漫画が見つかるとは思わなかった…。

目当てだった作品が2,3個休載中だったから軽く萎えてたんだけど、こういう出会いがあるんならホント良かったです。

あと1つ『謎の彼女X』って言うのが面白そうだったから今度読んで見たいんだけどなー。

ただ、百舌谷さんも謎の彼女もどっちかって言うと変態系なんですよね…w。まあさすがに『惡の華』ほど酷くは無いですが。



さてその『百舌谷さん逆上する』だけど、簡単に言えば「ヨーゼフ・ツンデレ博士型双極性パーソナリティ障害」って病気に悩まされる百舌谷さんが主人公の漫画。

その「ヨーゼフry」って病気は「愛情や好意と言ったプラスの感情を抱いた対象に真逆の行為をもって返してしまう」病気。

うん。いわゆるツンデレって奴ですな☆

最初アフタヌーンで読んだ時は百舌谷さんのダークながらツンデレってる姿が素敵で立ち読みしてみたんだけど(その時は「ツンデレ」に罹ってるってのは知らなかった)、まさかこうして病気としてぶっ込んでくるとは思わなかったw。


ただ面白いのはそれだけじゃない。

ギャグも非常に上手で、思わず吹き出してしまうような描写もチラホラ。ちなみにあとがきやカバー裏のデカパイ腐れ作者篠房先生の近況もたまらんw。

絵も上手だし、女の子も可愛い。

正直、綺麗って感じの絵柄じゃないんだけど、書き込みは丁寧だし凄く特徴な絵をしてるんですよね。クセがあるとも言えますがw。

女の子もね…。百舌谷さんが可愛いのは当然ですが、その他の看護士のお姉さんやらクラスメート。そして篠房先生そのまんまの根暗デカパイ腐女子も素敵。

いやたまらん。


その上ね…。ストーリーも本当に素晴らしい。

基本的にはギャグ&ラブコメディなんだけど、根本的にあるのは「愛とは(そしてMとはry)何か?」ってこと。

「ツンデレ」だからと言っても、その実可愛いの女の子に憧れる普通の少女でしかない。まあ、実際要素満載の美少女だけど。

でも、恋をすればするほど、好意を感じれば感じるほど、その相手を危害を加えてしまう。だから自分を抑えるしかない。人を好きにならないように自分の気持ちに蓋をして表面だけの付き合いしかできない。

危害を加えると言っても並じゃないですからね…。病院送りにするレベルですから…。

そんな百舌谷さんの前に現れたのが超ドM(と思われている←が実際最近ガチっぽい)の番太郎。

彼は外見×頭×運動×の裸の大将ただし顔は超老け顔の5年生みたいな超ブサイク。だから百舌谷さんは好きになる心配もなく好きなように接することが出来る。

そんな彼と百舌谷さんのドMハイテンションラブ(?)コメディ!!みたいな感じだったんだけど、段々とシリアスさが増してくるストーリーがもうホント素晴らしとしか言いようがない…。

人を愛したくても愛せない百舌谷さん。百舌谷さんを愛したくても愛せない家族。そして友人たち。

そんな彼らの様子が辛くて…。

これは読んで見ないと分からないと思うんですけどね…。そんなシリアスなのにしっかりとギャグは入ってますし…w。



ただ唯一アレなのがちょっとゴチャゴチャしてるってことですかね…?

非常に面白くストーリーもしっかりしてるんですが、その分伏線が多かったり回想が多かったりして結構複雑だったりするんですよね。

でも、それを差し引いても凄く面白い作品なんですよね…。って言うか個人的にはたまらん漫画って言うか…w。

いやー。良いマンガを見つけました。夏を締めくくるには丁度良いですな。



百舌谷さん逆上する 1 (アフタヌーンKC)百舌谷さん逆上する 1 (アフタヌーンKC)
(2008/06/23)
篠房 六郎

商品詳細を見る




人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

テーマ : マンガ - ジャンル : アニメ・コミック

青空エール

面白ェー。面白ェーよこれー。


高校野球の時期ですからね。何となく野球漫画が読みたくなるわけですね。はい。

と言う事で『おお振り』と『ダイヤのエース』とこれ『青空エール』読んだわけです。

うん。なんか思ってたのとは全然違うけど超面白かった。


野球漫画って言って「あ、そういや『青空エール』って野球とブラバンの漫画だったっけか?」ってことで購入。

何かと漫画に関して俺に突っかかってくる友人に最初買わせようとしていたんだけど自分で買って正解。俺流石。



確かに部活漫画じゃあるんだけど、野球漫画じゃない。吹奏楽漫画でした。そこ間違えた。…吹奏楽漫画ってあるのか?

ただ俺が欲していたものは十分にありましたね!吹奏楽超熱い!!

何と言うか感じとしては『ちはやふる』に近いものがあるかも知れないですね。熱い部活漫画ですし。

でも雰囲気は違うかなー?感じと雰囲気って何が違うんだって言われると何とも微妙なんですがそんな感じなんですわ。

『ちはやふる』はあくまで自分のうちから燃え上がるものがブワーッって感じで沸き上がってくるんですよね。その点じゃ『弱虫ペダル』が近い感じ。

それに吹奏楽ですしね。別に「俺もやりてー!!」とはなりませんよね…w。流石に。

この作品って確かに熱いんだけど、しっかりと少女漫画なんですよね。いや少女漫画そんなに読んでないけど…w。

『ちはやふる』と『君に届け』を7:3くらいでミックスした感じかな…?


と言うのもね…。こう何て言えば良いんだろ?少女漫画で言うヒロイン的な野郎って何って言うの?

まあ良いや。あのポジションの奴が超爽やか。非常に爽やか。風早爽男くんに負けず劣らず爽やか。

って言うか個人的にはこっちの大介の方が好きかな。好感持てますわ。部活頑張ってるし。

そうそう。山田大介って言うんだけどね。こう風早爽男くんと比べて名前も平凡だしね。なんか親近感だよね!!

…あ、一応言っておくと別に俺風早嫌いじゃないからね?いやまあ龍の方が全然好きだけど、風早も爽やかだよね!!…アレ?

ただ親近感沸くってのも事実ではあるんだよねー。何が違うのか自分でも言えないんだけど。

風早わざとらしいって言うか…。うん…。何って言うかね…。

…いや大介が良い奴って事でもう良くね?


そうそう。あと凄いのがちゃんと野球部の面々を坊主で描いてること。

描き分けのために大抵の漫画は野球部も髪生やしてますからね。超オサレだし。

まあ、個人的には全然構わないんですが、この前友人と話していて「球児なのに坊主じゃないとか球児じゃない!!」とか熱く語るやつがいましてね…。別に漫画の話してたわけじゃないんですが。

それも納得出来るんですよね。甲子園で坊主じゃない奴出てたらちょっとイラッとしますし。

その辺もしっかり描くってなかなか素晴らしい心がけだと思うんですよ。

そういや『君に届け』も野球部坊主ですよね。龍みたく。

龍良いよねー。格好いいよマジで。俺本気で龍じゃなく風早がもてはやされてんのか分からないんだけど…。女って見る目無いわー。

…ゴメンなさい。

ただ今書いてて思ったのは作者のお二人も前述したように「球児なのにry」とか言う主張を持ってるって可能性が…w。って言うか女性ですしその可能性高いですよね…w。女ってみんなそうなんだろうか…?


つばさも可愛いですしねー。あの必死さがたまらん…。

何と言うか。特筆すべき事はあんまり無いのに目を引くって言うか。詰まる所心配で目が離せないような子ってことなんですが…w。

ただあの素直さと必死さって言うのは素敵ですよね。って言うかもうあそこまでいけると才能だよ。

努力できる才能って凄いよね…。まあ、簡単に言えば根性なんだけど。俺今一番欲しいかも…。

根性あるヒロイン。うん。素敵じゃないw。


他のキャラもみんな良いキャラ。素敵ですわ。

ただちょっと思うのはみんな良い人過ぎるかなー?w

俺が今まで読んだ漫画ってそれまで持ってた少女漫画のイメージとは違う気がするんですよね。いや全然良いんですが。

なんっつーか少女漫画ってドロドロしたもんってイメージがね…w。

この漫画に出てくる人なんて誰も彼も良い人でしっかりと芯を持ってるしね。

あー。でももしかしてこうやって頑張ってる人たちってドロドロした感じで上手くなりたいとかは思わないのかもな。みんな全力だから本気の言葉をぶつけるし。人を傷つけることもある。そう言うことなのかも。


そしてひまりちゃんが可愛すぎる。俺大好き。

何でこう『君に届け』のあやねとか千鶴みたく、少女漫画の不良っぽい女の子って可愛いわけ?そして良い子なの?

何なのかな?俺のツボをピンポイントで狙ってるのかな?



吹奏楽もホント良い物ですしね…。なんか良いよね何かを一生懸命やるっての。

確かにスポーツじゃないけど、高校生活を何か一つのものに打ち込むってのはホント格好いいことだと思う。俺には出来ない。

みんなで一つになるって感覚は確かにスポーツとかでは味わえないものでしょうし。

つばさにはぜひ全国に行って貰いたい…。そして大介も甲子園へ…。



うん。なかなか面白かったです。『青空エール』。

多分野郎でも楽しめるんじゃないかな?今7巻までしか出てないんで読んで見てくださいな。



青空エール 1 (マーガレットコミックス)青空エール 1 (マーガレットコミックス)
(2008/12/25)
河原 和音

商品詳細を見る



人気ブログランキングへ


テーマ : マンガ - ジャンル : アニメ・コミック

信長こんつぇると

『信長協奏曲』が面白いのです。ええ。面白いのです。



いやー。前々から知ってて読んで見たいなーとは思っていたんで、夏休みってこともあり購入。4冊しかないですしね。

するとまあ面白い面白い…。こういうの大好きなんですわ…。


分かりやすく言うと馬鹿な信長そっくりな高校生がタイムスリップして信長と入れ替わるって話なんですけどね。

こういうの好きなんですよねー。入れ替わりも大好きですし、タイムスリップして史実の人物として活躍するのも。

別に日本史とか世界史とか嫌いじゃないんですが、歴史の授業で楽しみだったのは歴史の詳しい所を聞くことだったんでね。流れとかその辺はマジでどうでも良い感じですわ。

なもんですから、歴史をベースにした漫画とかもかなり好き。

最近じゃ『ヒストリエ』とか『ヴィンランド・サガ』とか読みましたかねー。歴史漫画って面白いですよね。


あと入れ替わりって言ったら『遮那王 義経』がありますけど、あれとはまた一つ違った作品ですからね。

とは言え本物が病弱って所は一緒かな?

やっぱり本物も偽物も好感涌くようにキャラ作りするには病弱な本物がお家のために偽物と変わって貰うってのが一番なんだろうなー。



タイムスリップも漫画とか小説とかで実際に読んだ記憶って無いけど、世にある話の感じ見てると自分の持ってる史実を頼りに天下目指してくって感じですよね。まあ実際オレも「タイムスリップに何か一つ持ってくとしたら」その時代に関する詳しい歴史書でしょうしね。考えることはみんな一緒と。

ただこの作品の面白い所はその辺を完全にスルーしてしまっているって所w。いやそもそも主人公が超バカなので史実を頼りにしようが無いんですけどもw。

だって「織田信長を本能寺の変で殺した人物」で「あいださん」とか答える訳の分からん人間ですからねw。桶狭間の戦いも認識してなかったし。

とまあそう言う馬鹿な主人公なわけですが、その辺が上手く「うつけ」の信長って言う部分にいい具合に作用してるんです。いやー。上手いもんだ。

それに馬鹿で覚えてないとは言え「信長は天下を取る」(まあ間違えてますけどw)ってのはしっかりと頭に入っていて、それが天下を目指す信長って言うキャラクター造りにも、世間の家臣や敵達に「信長は馬鹿だが不気味だ」という印象を与えることに一役買っているんですよね。いや素敵。



そして何と言っても素敵なのが各キャラクター。

信長が素敵なのは言わずもがな。

妻の帰蝶ちゃんの可愛さと妹のお市の天真爛漫さがたまらん。こりゃたまらん。

って言うか帰蝶って濃姫だったんですねー。知りませんでしたよ。って言うかみなさん知ってます?

まあ、しかしあそこまで可愛いもんなんですかね…。いやもう帰蝶の可愛さ尋常じゃないですよ…。

『でえと』を楽しみにする彼女も素敵ですし、信長の帰りを必死で待つ彼女も素敵。

こういう奥さんって確かに日本の歴史漫画には良くありますけど、それでも彼女の可愛さは尋常じゃないですよね…。

お市も素敵ですしねー。可愛いですよホント。

あの信長をずっと見て育っただけあって天真爛漫って言葉じゃちょっと生ぬるい仕様にはなっていますが、素敵な娘に育ってます。

お市がお兄ちゃん子ってのもよく分かりますよね…。あの兄貴だったらちょっと憧れずにはいられないかも…。


あとは家康とかねw。家康超エロい子なんだけどどうしようw。

いやー。面白いんだけどね。

ただあの子のあのキャラは非常に素敵だわ。将来的にも良い仲間になるみたいだしね。

光秀とか秀吉とかもそれぞれに色々と秘密がありますしね。いやその辺言っちゃうと面白く無くなるんでやめときますけど。



そう言った光秀とか秀吉とかの秘密も含めてストーリーも凄く面白いんですよね。

信長の破天荒な戦術っぷりも上手く描かれてますし。見ていて飽きないんですよねー。

しかも、所々ギャグとかじゃなくてクスッと笑える所が結構あるんでテンポもかなりいい感じって言いますか。

いやこの笑いが良いんですよ…。すべて信長のキャラクターのおかげですな…w。ホント素敵なキャラクターですわ。


そんな中でも考えさせる所があるからまたね…。そう言う部分が良いアクセントになるんですよね。

たまに見せる信長の格好良さもホント素敵ですしね…。いやそれはもう読まないと分かりませんよ。



と言う事でこの『信長協奏曲』。マジでお勧めですわ。

今ならたったの4巻しか出てないですし、歴史物としても漫画としてもホント良い作品に仕上がってます。

あと多分今年の漫画ランキングにランクインするでしょうしねw。期待しておきましょう。



信長協奏曲 4 (ゲッサン少年サンデーコミックス)信長協奏曲 4 (ゲッサン少年サンデーコミックス)
(2011/02/10)
石井 あゆみ

商品詳細を見る




人気ブログランキングへ

テーマ : マンガ - ジャンル : アニメ・コミック

とある外伝が面白い

いやー。面白いですな。『とある科学の超電磁砲』。ビックリビックリ。

まさかこんなに面白いなんて思いもしなかったですわ。


いや面白いの知ってたんだけどアニメ知ってるから正直気が進まなかったんだよね…。

アニメはね…。前半は良いとして後半がね…。もうね…。

アレのせいで佐天さん佐天さん騒いでるのにいまいち乗り気になれなかったからね…。


まあそんなことを吹き飛ばすほどの面白さだったんですがね!!



前半3巻読んでてどうしてあのアニメと同じなのにこんな面白いんだろう?って結構不思議だったんだけど、結局アニメ前半はよく考えたら特に面白く無いっての感じ無かったなーって今にしたらそんな気がする。

アレですね。結論としては後半が面白く無かったからアニメ全部面白く無いって印象受けちゃったわけですわ。うん。

もう木山先生素敵だしね…。いやホント素敵あの先生…。

確かアニメ見ててもあの下りはなかなか来るものがあったと気がするだけど、こうして漫画で読むとそれも一塩だね。

って言うか絵が可愛いわ…。ギャグパートの…w。

この作画の人の絵本当に素敵。オレ本編より好きかも知れないなー。

アニメあんだけ長くやってたんだからもっと引き出せる所あっただろうに…。

結論アニメスタッフが(ry


そしてもう『妹達』編が面白過ぎるね。ヤバイね。泣ける面白さだね。

ただ単にあの裏を描くだけじゃなくて…いやよく考えたらただ単に裏描いてるだけだけどその裏側がホント緻密。そして面白い。

あの3巻が始まるまでにあんなことがあったなんてね…。

そりゃよく考えたら『妹達』に対して見せたあの美琴の態度って不自然だったもんなー。…あれ?もしかしてあの下りってもしかして本編にあったりした?まあ、その辺適当に読んでたから勘違いしてても気にしないで頂戴な。

いやー。本編だけでも十分に面白かったし、やっぱり上条さんVS一方通行のバトルはテンション上がったけどこうしてあったことすべてが分かった状態であのバトルを見ると思いもまた違ってくるよね…。


そして『超能力者』たちのビックリ人間大戦争勃発なわけですよ。

もうテンション上がって仕方無いな。大好きだわこういう「トップ同士の戦い」って。

特に知らない垣根提督さんと一方通行のバトルですらテンション上がったのに(結局アレの原因って何だったっけ?暗部絡み?)、あの麦野沈利と美琴の戦いとかテンション上がらずにはいられないって言うか最高にテンション上がったって言うか。

第3位VS第4位なんて言う美少女化け物対決あったなんて知らなかったよ。

んん?と言う事はあの二人がこれから先本編で会うと面白いことになっちゃう感じ?…もしかするけど会ってたりしないよね?ね??

VS一方通行も良かったしね…。いやこうして見るとマジ一方通行さん最強過ぎるだろおい…w。

こういった戦闘シーンも凄く良かった。面白かったし燃えたね。テンション上がるね。マジ美琴天使だね(?)。

やっぱりオレ本編の作画の人よりこっちの方が好きだなー。話もこっちの方が面白いし…。



んー。何でこれ本編に入れないんだろう?って思う話多いよねー。特に『妹達』編。

あんだけ長いシリーズだけどやっぱりいらない話って結構あると思うんだわ…。魔術側とか…。

こうして科学側だけで見てみるとよく分かる『とある魔術の禁書目録』シリーズの科学側の面白さね。

やっぱ魔術に説明とか条件とかぶっちゃけ求めてないんだよなー。魔法とかそう言うファンタジってるのはたくさん名作あるしね。そう言うの求めてるんならそっち読めばいいし。

でも科学側は面白い。いやこれはマジで。

超能力とか良くあるけどこれを完全に科学に混ぜてくるってのは素敵な発想だと思う。

そこに魔術が絡んで来るとまあ面白い面白いなわけで。

何が言いたいかって言うと13巻当たりまではぶっちゃけこのシリーズ好きじゃ無かった。完全に好きになったの14巻くらいからだし。



いやー。まさかの面白さでちょっと真面目に読み直したくなってきたわ。14巻辺りからw。

今凄く不安なのがこのシリーズが終わるのって何時だろう?ってこととそれまでオレがこのシリーズに興味持ってるんだろうか?ってことね。

面白いのは良いんだけどね…。こんだけ遅いとね…w。原作の方はバカみたいに早いのに…w。

本編も漫画は遅いしなー。しかもどうでも良い所長々とやってるし。

なんか大覇星祭辺りを無駄に長くしそうだな…。それ嫌だ…。

いやー。次巻が待ち遠しいですな。

ガチで夏休み読み返そうか…。



とある科学の超電磁砲 6―とある魔術の禁書目録外伝 (電撃コミックス)とある科学の超電磁砲 6―とある魔術の禁書目録外伝 (電撃コミックス)
(2011/02/26)
鎌池 和馬

商品詳細を見る

SQの新連載が面白いのだ

タイトルの通り。SQの新連載が面白い。いやー。テンション上がるね。うん。


その名も『長谷部さんのいる野球部』。

どんな話かって言うと「入ってきた女子『マネージャー』のために高校球児たちが甲子園を目指す」って言う分かりやすいお話。うん。良くある良くある。


そう言えば『マネージャー』と言えば何か「もしもウンタラカンタラ」なんて名前の御本と御映画があったような…?気のせいだよね!始まってこの方話題を聞いたことが無い物ね!!

…アレマジでおおこけらしいですな。いやどれくらいこけてるのかよく分からんけど。

まあ、本は読んでないけどアニメを見さして貰った身からするとアレは映画化する価値のあるものじゃないね。うん。

多分ドラッカーのマネジメントを学ぶ本としては面白いんだと思うけど、アニメとか映画とか違った目的のためになされる物じゃ無いよねきっと。

AKB好きな友人が読んでたけど、「マネジメントが面白いって事は分かった」とか言ってたし。

あとAKBが映画って言ったらなんか『るろ剣』の薫がAKBの誰かになるかも知れないとかどうとか…?

剣心が佐藤健なのは良いとしよう。背丈的にもいけそうな気がするし。ただちょっと険が強すぎる気がしないでも無いんだよなー。

まず実写化するのもうーんって感じじゃあるけど、それがAKBとなるとな…。あの連中は本来の用途以外で使用して儲けられる代物じゃないってことをそろそろ分かってきても良いと思うんだけど…。



そうそう。『長谷部さんのいる野球部』ね。うんその話でしたわ。

いやマジで面白いんだってこれ。色んな意味で。

まあさっき言ったように『マネージャー』の長谷部さんのために野球部が頑張るって話なんだけど、まあ良くありそうな話なのに面白いこと面白いこと。

断言しても良いけど、ホント予想してたものとは180°違うよ?いやビックリよ?

だって長谷部さん『監督』だからね?


いやもう完全にこれ煽り詐欺だろ…w。まさかそう言う面白展開とは思わなかったよ…w。

そりゃ良くある展開じゃあるさ。探したらもしかしたらあるかも知れないよ。

でも『マネージャー』ってはっきり煽られるとてっきりガチの方を想像するじゃん…?「私のために甲子園に行って(キラキラ」みたいな?


もう初っぱなから掴みは完璧なんだけどね。始業式から女子マネがハンドグリップやってるし…w。吹いてしまった…w。

展開自体は何の変哲もない。正直どうなるのか?ってのは予想できるし。

ただね…。ちょいちょい笑えるんだって…w。しかもシュールな方…w。

いやこれはホント良い作品だと思うよ。今時これほどシュールに笑える作品ってなかなか珍しい…w。


そして、主人公(?)の長谷部さんがもう素敵すぎる…w。

とりあえず当たり前のように長谷部さん最強だし、超鬼コーチ。

そしてたまに出す笑顔がたまらない…。恐ろしい意味で…w。

やっぱり良くある展開のものを書こうと思ったらキャラクターのインパクトって大事だよな…。

ジャンプでつい先週終わった『DOIS SOL』って漫画も主人公が高校生で監督だったんだけどやっぱりインパクトが無かったんだろうな…。面白かったと思うけど。

監督が主人公の漫画って言ったら『GIANT KILLING』ってもう金字塔って言っても良いくらいの名作があるしね。これを越える監督主人公漫画って現れないと思う。

しかも、女の子だから「甲子園にいけない」んだよね。選手として。

「いいじゃん…「男の子」ってだけでさ…甲子園目指せるチャンスあるんだから…」

ってのは長谷部さんの言葉だけど、その通りだよね…。なんか『クロスゲーム』の青葉を思い出す…。

ただまあ長谷部さんはそんなもんじゃ終わらないんだけどね!! その辺ももう素敵だわうん。大好きです長谷部さん。


そして何と言っても絵が上手。丁寧。素敵。

何回も言ってるけどやっぱりスポーツ物って絵が命なんだよ。

絵が上手くないと迫力が出ないし、リアルな感じが出ない。

すると展開が面白くても面白さが半減するんだよな…。ああ、あだち充作品は別だよ?あれはもうスポーツ物ってジャンルじゃない。いや大好きだけど。

その点この漫画は十分だな。ちょっとしか野球やってるシーンは出てないけどかなり上手だと思う。

何て言っても長谷部さんが素敵だしね…。いやホント…。



ジャンプ本誌もSQも新連載が楽しみになってきたな。いやちょっといい感じだよ。

これは下手すると単行本買うまであるなー。楽しみだ。




人気ブログランキングへ


テーマ : マンガ - ジャンル : アニメ・コミック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。