スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

化物語 [上]

化物語(上) (講談社BOX)化物語(上) (講談社BOX)
(2006/11/01)
西尾 維新

商品詳細を見る


ハイ。始まりました、春休み特別企画「化物語」読んでやんよ。

まず、1冊目化物語[上]ってことでね。

見てくださいよ表紙。ガハラさんですよ。VAFONさん良い仕事しますね。

まじね。この絵大好きですよ。アニメもたまらんですが。


と言うことで、あらすじは…
阿良々木暦を目がけて空から降ってきた女の子・戦場ヶ原ひたぎには、およそ体重と呼べるようなものが、全くと言っていいほど、なかった――!?

台湾から現れた新人イラストレーター、“光の魔術師”ことVOFANと新たにコンビを組み、あの西尾維新が満を持して放つ、これぞ現代の怪異!

青春に、おかしなことはつきものだ!

みたいな感じです。


いいね。面白い。

1回読んでるのに、この面白さ。色あせない。

この本の会話会話の面白さがハンパない。

でも、驚いたのが始まりがアニメと違ってたことですね。

あの伝説の、おパンツ様スーパー描写はアニメだけだったんですね。

いや確か、あった気はするんですけど、多分違うところなんでしょうね。

始まりはガハラさんの説明からでした。


「ひたぎクラブ」

記念すべき第1話ひたぎクラブです。

これはね、ヒロインの戦場ヶ原ひたぎさんが蟹の怪異に出会ったことがことの発端なんです。

これね。前から登場人物が少ないのは、知ってたんですが、今改めて考えると、4人しかいませんよ?

すげぇ。西尾維新。どんだけ文章力あるんでしょうね?

ボク小説とか書いたこと無いですが、4人で動かすってことがどんだけ難しいことかは分かります。


そして、ガハラさんがヒロインの作品です。ガハラさんマジ蕩れ…。

蕩れってのはあれです。ん~。第2話で説明します。

もうね。ガハラさん素晴らしいです。

儚さから出てくる美しさを持っているのに、あの毒舌ね。マジツンドラですね。

ツンドラってのはツンデレのデレがないverねです。実際デレあるんですが。まあツンドラってことで。

まあ代表的な物として、


「銅四十グラム、亜鉛二十五グラム、ニッケル十五グラム、照れ隠し五グラムに悪意九十七キロで、私の暴言は錬成されているわ」


とかね。まさにこの頃はそれですよ。

しかも、照れ隠し五グラムは嘘と言う…。人は彼女をツンドラと呼ぶ…。


「遠回しな言い方ではわからなかったかしら? 

じゃあ具体的に言うわ。

もしも阿良々木くんが下劣な本性を剥き出しにして私を強姦したら、私はどんな手段を行使してでも、あなたにボーイズラブな仕返しをしてみせるわ」


それはヤバイ…。人生終わる…。

しかし、ホント良いです。あの毒舌は気持ちがいいくらい、阿良々木くんにガスガス行ってますね。暦なりたい…。


「まよいマイマイ」

「話しかけないでください。あなたのことが嫌いです」


第一声がこの言葉の八九寺真宵がねヒロインのこのお話。

なかなかいい話なんです…。

暦とガハラさんのおつきあいが始まる話でもありますしね。

最後の方の、真宵の悲しい真実のところはホント涙なしには読めません…。

そして、こんな真実を隠してあんなに気丈に振る舞う真宵がね。いじらしいんですよね。

先ほどのものすごい第一声も色々と彼女なりの事情があるんですよね。いじらしい…。


真宵と暦の掛け合いはホントに読んでて面白いです。

ただでさえ、面白いのに、この二人の会話は本人達が本気で楽しんでますからね。

それに全く遠慮がお互いにないですからね。例えば


「全く、バカな奴め―小学生が高校生に勝てるとでも思ったか!ふはははははははは!」

小学生女子を相手に本気で相手にして、本気の一本背負いを決めた末に、本気で勝ち誇っている男子高校生の姿がそこにはあった。

ていうか僕だった。


とかね。これアニメの時かなり痛かったです…。まあそれだけ対等に接してるってことですよ。


ああ蕩れですね。あれの説明してなかった。


「それにしても、見蕩れるの蕩れるって、すごい言葉よね。

知ってる?草冠に湯って書くのよ。

私の中では、草冠に明るいの、萌えのさらに一段階上を行く、次世代を担うセンシティブな言葉として、期待が集まっているわ。

メイド蕩れー、とか、猫耳蕩れー、とか、そんなこと言っちゃったりして」


だそうです。蕩れ。良い言葉じゃないですか。

萌えとか使ったこと無いですけど。蕩れは使いたいです。使う場所無いでしょうが。

そしてね、ガハラさんの告白に返した暦の


「はやるといいよな」

「戦場ヶ原、蕩れ」


…。うわ…。恥ずかし。でも、言ってみたい…。青春したい…。


個人的にめっちゃ行って欲しい言葉なんですが、


「だって、この一週間―阿良々木くんで、色々妄想できたもの」

「妄想って…」

「すごく充実した一週間だったわ」



やべぇ…。ホントに言って欲しい…。

これ男としてはたまらんでしょ?逆だったらただの変態なのに、なんででしょうね。

人間って不思議です…。


「するがモンキー」

えーと。ヒロインは…。

同性愛者、ロリコン、マゾ、露出狂で欲求不満な腐女子、神原駿河さんです…。

しかも、その上超スポーツ少女です。

うん。分かりますよ。何このめちゃくちゃ設定?って思ってるんでしょ?

それが西尾クオリティなんです…。でもここまでやってくれると気持ちが良いですよ。

彼女と暦の会話も楽しいですし。主に下方面で…。

彼女とはホントに一緒に話したい…。めっちゃ気が合う気がする。

そして、ガハラさんの後輩で、ガハラさん大好きっ娘です。

彼女の尽くし具合はハンパないです。

まあ、そのせいで結構重い話になるんですけどね。

あと、この話が一番バトル要素が多いです。


そして、つきあい始めた暦とガハラさんね。

やっぱ、ガハラさん蕩れですね…。


「ところで知ってる?阿良々木くん。

私、男と別れたことがないのよ。

阿良々木くんとも別れるつもりはないわよ」



やばい。ツンデレや…。って言うか、本人が自覚してるのってツンデレなんでしょうかね?

そしてこの台詞。


「阿良々木くんが死んだら、私はどんな手を使ってでも神原を殺すに決まってるじゃない。

私、確かにそう言ったわよね?阿良々木くん。私を殺人事件の犯人にするつもり?」


ヤンデレ入ってますか?でも、ガハラさん、ガチでやりそうですよね。

でも、ここまで思われるって幸せなのかも知れませんね。


個人的に気に入った言葉。


「恋愛契約を結んでいらっしゃるんですよね?」


真宵が暦とガハラさんに向けて言った言葉です。

これ結構凄い言葉じゃないですか?こう言い換えると結構…な言葉、色々ありました。面白かったです。

付き合うって恋愛契約結ぶってことなんですね。

小学生の女の子に教えられました。



やっべ…。クソ長い…。

まあいいや。これで分かったでしょう。ボクは化物語を愛してます。

出来ることなら、暦になりたい…。割と本気で思ってたりします。

しかし、やっぱり分量がハンパないですね。

ページはそうでも無いですが、講談社ノベルズ特有の二段構えがパねえっす。

この記事読んでる時点では下巻も半分くらい読んでるんで、下巻はそこそこ早くかけると思うんですが、その次は結構遅くなるでしょう。

良し。頑張って読むぜ!



スポンサーサイト

テーマ : ブックレビュー - ジャンル : 小説・文学

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。