スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕は友達が少ない②

僕は友達が少ない 2 (MF文庫J)僕は友達が少ない 2 (MF文庫J)
(2009/11/21)
平坂 読

商品詳細を見る


残念な物語第2巻です。

表紙の星奈が可愛いです。


あらすじは…
隣人部――それは残念な連中が日夜友達作りのためにギャルゲーや演劇などどこか空回りな活動をしたり、ダベったりしている残念な部。残念系美少女の三日月夜空や柏崎星奈、美少女メイド(ただし男子)の楠幸村に加え、幼女シスターで顧問のマリア先生やいろんな意味で常識を超えた天才少女の志熊理科も加わり、ますます騒がしくて取り返しのつかない状況になってしまった隣人部。その中でただ一人の常識人(ただし友達は少ないというか、いない?)羽瀬川小鷹はいったいどうなる!?
大人気の残念系青春ラブコメ第二弾、友達を募集しつつスタート!

みたいな感じです。


うん。残念だったね。

ホントそれしか言いようがない…。

新たな登場人物二人+妹を加え本格的に出そろった『隣人部』。

また思った以上に悲しい二人だったな…。

理科の方は普通に腐女子だと思ってたのに…(腐女子に普通もクソもないけど)。

まさかロボット×ロボットがメインとは…。

そんなジャンルってあるの?あってもおかしくない気はするけど…。

って言うか、全文載せないで…。

そして、マリア。

うん。残念だけど、予想外に和んだ。

いや、良い子なんだよ…。ただ、夜空が悪いだけなんだ…。

でも、その夜空のイジメを凄く楽しみにしている自分がいるという…。

そして、結局入部、超ブラコンレイシス・ヴィ・フェリシティ・煌さん。改め小鳩ちゃん。

和むわ~。この『妹』二人ホント和む。

残念なみなさんの中でこの二人の存在は残念ながらも凄くほんわかさせてくれた…。

その裏で、夜空VS星奈が繰り広げられているんですけどね…。


前巻よりは若干インパクトが薄れた感はあるものの、非常に面白く笑わせてもらいましたよ…。

変な笑いが読んでる間ずっと張り付いてた…。

やっぱ家で読まないとイケナイ本ですね。

でも、結構サクサク読めるので丁度良かったり。実質1時間かかってない気がします。

一番面白かったのはやっぱりゲーム系だな。

「ロマンシング佐賀」素晴らしいゲームだと思います…。

特にワラスボのエピソードは涙無しには進めません…。

ぜひともプレイしてみたい…。

でも、『魔法使い』だけはなりたくないです。

まず、ジョブで笑わせてもらったのに、あのラスボスは駄目でしょう…。

夜空の星奈に対する仕打ちが可哀想過ぎる…。

まあ、それが楽しみで読んでいるんですが。


当然の如く、小鷹によるハーレムが形成されつつあるこのシリーズ。

美少女(年)6人で着々と作られてますね。

小鷹、夜空、星奈の三角関係が進むかな?なんて思っていたのでちょっと残念だったんですけど。

それ以上に、友達友達で、彼女を作れるかもってことに気づかない小鷹が残念で残念で。

でも、カラオケは面白かったな。

夜空と星奈が相変わらずだった…。

まさか店にそんなシステムがあるなんて…。

カラオケまで行ってひとりで入った上に喧嘩…。

しかし、ルーム代が人数変わっても一緒って所に全員突っ込むとは…。

なんか友達のいない感が凄く漂うな…。


と言うことで、残念さにも慣れてきてやっぱお前らリア充ジャンというありきたりな突っ込みをしたいけどまだ抑えて。

1学期が終了って言うか、実質違うんですが夏休み突入です。

どうなるのか若干不安が残りつつも、まあ夏休みです。

当然ながら海へ行ったり色々とやらかしてくれるんでしょう夏休みです。

……。

んがー。オレは夏休みが終わったんだよー!!!

まあ、その前に小鷹の星奈さん家訪問ですか?

うん。めっちゃ楽しみにしてます。

やっぱ星奈派ですね~。

夜空にいじめられて逃げ出す星奈が可愛いです。

んじゃ、オレの終わった夏休みは奴らは楽しむと言うことでね。


←僕は友達が少ないへ




人気ブログランキングへ


↑やっぱ残念だな…
スポンサーサイト

テーマ : ブックレビュー - ジャンル : 小説・文学

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。