スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャンプ 13号 新連載第三弾

今回の新連載で一番期待している『magico』が開始。

絵も綺麗だし、こういうモロなファンタジーってジャンプじゃ珍しいから楽しみなんですよね。

今のところ1分け1敗って感じですし、ここらで1勝と行きたい所なんですけどね。


magico 第1話 二人の儀式
……うむ?何でだ?そこまで面白いと感じ無いぞ?

絵は凄い綺麗だし、上手。なんだけど今ひとつ物語に入り込めないな…。

まずねー。ヒロインがだべ言葉ってのがどうもねー…。せっかく可愛いのに凄く勿体ない。

あと今ひとつmagicoってもんに緊張感が無いんですよね。

エマの黒魔女(エキドナ)って設定は王道っぽくて良いと思うんですが、それを防ぐ手立てが結婚ってねぇ…。

せっかくこんな綺麗な絵を持っているんだから、ばっちりと王道で勝負しても良いと思うんですよ。うん。

あとちょいちょいギャグを入れてくるのもどうなのかな…?

いや最近王道物でもギャグ入れてくるってのは良くあるけど(マギとか)あー言う物ってしっかりと合ってるから受け入れられるんであって、イマイチ絵の雰囲気とかキャラクターの造形が合ってないんですよね。

ホント何だか空回りしている感じが…。

これだけ言うのもかなり絵が上手だからですよ?絵の上手さならダブルアーツの時の古味さんと良い勝負。

…さすがに古味さんの方が上手かったけど。

原作つきでやったら良いんじゃないかな?とか思うけど新人はやっぱり自分で作りたいのかね…?

何にせよ今後が楽しみな作家ではありますね。


ナルト NO.529 金色の絆
いややけにあっさり捕まるなw。

とは言えこの連携は確かにかなりのものだったけれど…。

それにしてもあっさり捕まりすぎだろw。

ただ心転身の術とこの琥珀の浄瓶の組み合わせは反則かも知れない。

そこにあの連携が加われば正直敵無しなんじゃ…?

でもやっぱりこれ使ったらもうどうしようもない気がするんですけどw。

だってせっかく九尾化したのに。ダルイも頑張ったのに。可哀想にw。

ただ次回はどうもアスマが来てしまうみたい。

…ああ来ちゃうんだなー。


銀魂 第344訓 拙者をスキーにつれてって
前立腺ブレーキwww。

マジ自重しろお前らw。何将軍さまのブレーキ壊しちゃってんのw。

もう大好きだわこのシリーズw。将軍さまが出てきた瞬間雄叫び上げたよw。

いやもうここまでやっちゃったらお前ら大丈夫でしょw。って言うか今まで無事だったじゃないかw。

まあこれもすべて将軍さまが純粋無垢な真っ白ブリーフのおかげですね…w。

やっぱり銀魂は良いね。これぞギャグ漫画のあるべき姿。

と言う事で来週も『将軍さま、スキーに行く』続きます。

月詠出てくれないかなぁ…?


バクマン。 122ページ 心理戦と決め台詞
あーヤバイ!!!面白過ぎる!!

DEATH NOTEさながらの心理戦がまさかのバクマンで開始でワクワクしていたらまさかの彼が登場…!?

いやもう嬉しさしかないね。もう楽しみで仕方がない。

何と言っても亜代木夢人の力の入れよう。そしてシュージンとサイコーそれぞれがそれぞれでしっかりと読み切ってる。

そして服部と小杉。

編集になるべきじゃないと言いましたが、やはり彼も面白いマンガを作りたい。もっと面白くしたいって思いは同じなんでしょうね…。

もし七峰が彼の言うことを少しでも聞けば変わるのかも知れないし…。やっぱ担当みたいに一歩引いてるけど、誰よりもその作家に近いって存在が必要なんでしょう。

とは言えまさかここで奴が来るか…w。

あと平丸の下りもなー。凄く勿体ないと思う。

こんな時じゃなければ凄く面白いのにって言うか面白いけどいまいち話の展開が展開だからな…w。

何にしても平丸には頑張って貰いたいですけどやっぱり顔なのねw。

楽しくなってきましたよ。これからが楽しみだ。


DOIS SOL 第3話 “3タッチ”
あーいや面白くね?

少なくともこの話は面白かったなー。

ジャイキリのパクりだパクりだって思ってたら面白く感じられないだろうから完全に忘れて読んだんだけどこれ面白いよ。

しっかりと練習で面白い!って思わせるスポーツ漫画ってかなり珍しいし、これはその良い例だと思うな。

ルールの裏って言うからどんなものかとは思ったけど、聞いてみるとなるほど理に適ってる。

勝歩の場合そんなことは考えていなさそうだけどw。

でも安藤も良いキャラだと思うな。完全にオージだけどw。

チームとしての目的って物もしっかりとしているし。

何だかんだ言って続いて欲しいな。


めだかボックス 第88箱 「初めまして」
ああ…。凄いや西尾維新…。

ここでそう来るのか西尾維新…。ちょっと本気で欲しくなってきたな…。

初めて格好付けずに、括弧付けずに言った言葉は今までで一番彼らしさがあふれていて、一番飾っていなくて、一番格好良くて。

初めて球磨川禊に出会った気がしますね。

今まで散々やらかしてきた「キモチの悪い」事々。そのすべてには「主役が張りたい」という何とも子供らしい、けれども可愛らしい思いがあったんでしょうね。だからこそ、時々に彼は子供のような幼稚な一面を見せていたのかも。

江迎ちゃんが改心した所なんてその最たる例。彼にしてみれば自分のおもちゃを最も嫌いな奴にとられた。そんな気分だったのかも。

不覚にも彼が好きになりかけてしまった…。恐るべし西尾維新…。

そしてまさかの安心院さん…。いやもうこれは完全に予想外…。

めだかボックスも面白くなってきました。やっぱりこれは完全に西尾維新の作品ですよ。

…買おうかな?



と言う事で今回の新連載もまたいまいちな結果に…。

残るは戦国ARMORだけか…。大丈夫かな…?

まあ嫌いでは無いんですけどね。頑張って欲しいです。



←ジャンプ 12号 新連載二本目へ


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 週刊少年ジャンプ感想 - ジャンル : 本・雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。