スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハイスクールD×D 9 修学旅行はパンデモニウム

ハイスクールD×D9 修学旅行はパンデモニウム (富士見ファンタジア文庫)ハイスクールD×D9 修学旅行はパンデモニウム (富士見ファンタジア文庫)
(2011/04/20)
石踏 一榮

商品詳細を見る



あらすじは…
京都です。修学旅行です! 枕投げに消灯後の大告白大会楽しみだぜ。女子風呂はもちろん覗きます。だって礼儀なのでっ!
そうそう、京都には狐耳と尻尾の女の子もつきものだし!
――と俺、兵藤一誠は一大イベントに浮かれまくっています。
ん?最後になんか余計なモノ……なかったか?
「母上を返してもらうぞ!」
突然俺たちを襲う妖怪軍団。なんだかあらぬ誤解を受けているみたいだけど……。どーやら<禍の団>が絡んでいるらしい。クソー、せっかくの修学旅行がどんどん殺伐としてきたぞ!
学園ラブコメバトル(+エロ)ファンタジー、今回はお出かけっ!

みたいな感じです。


「――召喚ッ! おっぱいぃぃぃぃぃツ!」

……これが今巻、いやこのシリーズ史上素晴らしく最低の言葉だろうな…w。いやマジでw。


いやー面白い。うん面白い。

相変わらずというか何と言うか、ホント良いシリーズだこれ。…ん?8巻?あの巻の存在は消し去りました。

いつも通りおっぱいおっぱいしているし、それ以上にいい感じの熱さとバトル具合。

やっぱりこのシリーズは長編だな。短編はゴミ。うんそれはひっくり返らない。

毎回毎回言っていますが、この作品の良さって微エロって言うには過激すぎるエロのくせにしっかりとバトルがあるって所なんですよね。って言うかこのシリーズのエロってくどすぎてそう何度も欲しくないですし。

ってことで今回は修学旅行ってこともあってぶっちゃけ8巻に続いて酷いエロに突き進むんじゃないかな?って懸念してたんだけど、思ってたのと違って普通にバトってくれたし、面白かったので凄く満足です。

まあ、内容としては何てことも無いようないつも通りのD×Dだったんですけどね。


何てこと無いってのは事実なんですけどね。

何と言うか、俺の望んでいるように物語進んでくれるので大変満足なのですよ。ええ。

いやー。乳神とか英雄たちの子孫とか色々と出てきてどうなることやら?って思ってたこのシリーズなんですが、まあその辺のふざけた部分や真面目な部分。それぞれがいい感じに絡まってますよね。ええ。

イッセイもご都合主義でパワーアップしましたが、そのご都合主義がまた良い!!

もう部長の乳をつついてパワーアップなんてイッセイらしすぎるだろ…w。そのために部長を召喚するなんて…w。いやもう突っ込むのも疲れるわw。

何が凄いってそのための伏線を例の8巻から張っているって所ね。いやもう下らん所でしっかりと張ってくるんだから…w。良くやるわ。

そのせいでドライグは泣き叫んでいたけどね…w。歴代最強の女性所有者らしいエルシャさんは全力でイッセイをプッシュしていたし、最強の男性所有者ベルザードはおっぱいドラゴンのテーマソングを熱唱…w。

歴代の所有者はおかしかったんだってイッセイの言葉にも首振れないわ…w。

しかしまあ、イッセイの周りは奴の変態関連での進化に寛容過ぎじゃないかい…?

仲間たちはもちろんのこと、敵方も。ヴァーリにしろ曹操にしろ。

嘆き悲しんでいるのはドライグとアルビオンだけと言う…w。可哀想にw。


まあ、その進化のせいでイッセイは完全に眷属最強になってしまったわけだけどw。

『騎士』『僧侶』『戦車』とそれぞれのタイプに許可無しでプロモーション出来る『赤龍帝の三叉成駒(イリーガル・ムーブ・トリアイナ)』。

特徴を上手く捉えて、さらにその力を特化させるってのは反則だろw。

ただいまいちプロモーションってのがどうなってるのか分かってないんですがw。なんでアーシアの許可を貰ってたんだっけ?

おかげで色々と便利な展開になりそうですけどね。曹操やヴァーリと言った反則級のライバルたちにやっと追いつく兆しが見えたかな?って感じ。

しかし、これだけの力を持っていてもグレモリー眷属は二桁にいけるってくらいなんですね。

いやしっかりと眷属が強いってことは言われてましたけど、それでも二桁台ってのはなかなかに上が強いってことなのか。

よく考えるとまだプロじゃないですし。

んー。面白いのは良いんだけどインフレのしすぎはどうもなぁってのを感じてしまいますよね。

神器(セイグリット・ギア)編と言っていたように<禍の団>もしっかりと絡んで来て、禁手状態のインフレも起こってきましたし。いや別にそっちのインフレは全然OKなんですけどね。

って言うか9巻でこれならホントこのシリーズどこまで続くんだろ…?w



いやー。しかし、ロスヴァイセさんは…w。

何と言うか色々と良いキャラだなーって思ってはいましたけど、まさかここまで酷いなんてw。

生娘。年齢=彼氏いない歴。百均好き。酒乱。

ってのはまだ良かったんですけどね…w。ゲロ吐きってのはね…w。いや別に良いんですけどねw。銀魂で鍛えられてますからw。

ここに来て非常にデカイキャラが入って来たもんですね。眷属的にもシリーズ的にも。

まあ、眷属に入ったっての完全に忘れてたんですけどね。前巻読んだの結構前ですからねー(8巻は無視です)。

エロ方向もなかなかに上手い具合に入っているし。うん。ほどよくエロいですしね。

やっぱこれくらいが丁度いいんだよなー。短編集は正直やり過ぎだと思うんだわ。



やー。やっぱり面白いし好きだねこのシリーズ。

短編集で本気で萎えていたんだけどね。今巻でまた復活した感じです。

次巻ではサライオーグ戦が控えていますし。

うん楽しみだ。


←ハイスクールD×D 7 放課後のラグナロクへ


人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

テーマ : ブックレビュー - ジャンル : 小説・文学

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。