スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近の読書

どうもどうも最近放置気味のtokuPですわ。

平日はほぼ塾行って自習したりしてますからね…。帰りは9時回りますし。

と言う事でまともに書けないですし、正直そんな体力無いので最近読んだ作品をちょちょいと書いちゃいますよー!!




○クビキリサイクル 西尾維新
クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)
(2008/04/15)
西尾 維新

商品詳細を見る



言わずと知れた西尾維新のデビュー作。

皆さんお気づきの通り『少女不十分』でテンション上がって読んじゃいましたw。いやあの魔力はハンパない…w。

相変わらずの面白さというか、西尾維新超パねーって言うか。やっぱ凄いです西尾維新。

この作品はまだバトルパートに移行してない頃の戯言なんですが(第1作だから当然ですが)、こういう推理小説っぽいのも久しぶりに読むと良いもんですね。

トリック自体はそこまで突飛な物では無いし、何となく予想はつくレベル。と言っても俺は推理小説を読んで推理を全くしない人間なんで何とも言えないんですがw。

ただ凄いのがラスト…。いやもうアレは凄いとしか言いようがないですよ…w。

読んだの5年前くらいなんで、完全に展開って言うかオチを忘れてたんで全力で楽しめました。いや良かった(?)。

これ読んで思ったのはやっぱ戯言が好きだなーってことですね。第2シリーズが出てなければ完全に戯言の圧勝でしたね。今はどっちも捨てがたいですが…w。

あと5年前にはかなり読みにくくてページ数が多いってのもあるでしょうけど結構時間かかった記憶があるんですが、今回はスラスラと読めましたね。これも西尾維新に慣れてきたってことなのかな…?

今のところクビツリハイスクールまでしか持ってないので、続きを友人から買い上げないとな…w。




○フルメタル・パニック!アナザー 大黒尚人
フルメタル・パニック! アナザー1 (富士見ファンタジア文庫)フルメタル・パニック! アナザー1 (富士見ファンタジア文庫)
(2011/08/20)
大黒 尚人

商品詳細を見る



こちらも言わずと知れたボーイ・ミーツ・ガール代表作フルメタル・パニック!。

……の外伝作。一応続きです。

……ただ作者は違いますがw。

と言う事でちょっとばかし買うのを見送っていたんですが、もの凄く評価が高いのですぐさま購入。…本編も買わないとw。

それもそのはずですよね。作者の力量がもの凄いですから。

もうね…。賀東さん本人が書いてるんじゃないかってくらい完璧にフルメタの世界をトレースしてます…。恐るべき新人が現れた…!!

って言うか賀東さんが何でも全力で監修してるみたいですからね…。そりゃ良い作品になりますわ…。本編終了後に楽しみなことをしてくれますなホント。

しかもキャラクターがたまらないんですわ…w。リーナ超可愛いw。

本編同様ボーイ・ミーツ・ガールは健在。主人公とヒロインが出会う所から始まります。

今回の主人公は普通の少年なのでまあ良いとしてリーナは完全に女版宗介ですからねw。しかも無自覚レイヤーって言う謎のキャラ付きw。いや可愛いです。

あの人とアイツの娘もまた良いキャラしてますし。

って言うかあの夫婦ホント何一つ変わっちゃいないな…w。もう安心すら覚えますw。

ってな感じでめちゃくちゃ面白いですし、文章力、設定、世界観には何の不満もないんですが、ちょっとフルメタにしたら大人しすぎるかなーって感じは否めませんよね。もちろんそれでも面白いんですが。

まだ1巻なんで何とも言えませんが、これから先ぜひ本編のような広がりを見せて欲しいものです。

あ、そうそう。この作品フルメタを読んだことが無い人でも楽しめる仕様になっているのでぜひ読んでみてください。

友人に貸した所「あとがき読んで外伝って気づいた」って言ってましたから。すでに実験済みですw。

これ読んで興味持ってから本編読んでみるってのもまた面白い読み方だと思いますよ。

…これも本編買ってこないとなw。



と言う事でちょっと短めに2作ほど紹介させて貰いました。いやこれ楽だわ…w。

多分1作の感想をキッチリ書くってのはこれから先難しくなると思うのでこういう形での感想が多くなるかも知れません。

と言っても週1回やれば良い方ですがw。


ちょっと忙しい時期に入っていくんですが、当ブログはたまに更新してますのでちょいちょい覗いてやってくださいな。





人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

テーマ : ブックレビュー - ジャンル : 小説・文学

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。