スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Story Seller

Story Seller (新潮文庫)Story Seller (新潮文庫)
(2009/01/28)
新潮社ストーリーセラー編集部

商品詳細を見る


やっと1が回ってきましたよ。

図書館で待ってたんで、長かったですね。


あらすじは…
これぞ「物語」のドリームチーム。日本のエンターテインメント界を代表する7人が、読み切り小説で競演! 短編並の長さで読み応えは長編並、という作品がズラリと並びました。

まさに永久保存版アンソロジー。どこから読んでも、極上の読書体験が待つことをお約束します。お気に入りの作家から読むも良し、新しい出会いを探すも良し。

みたいな感じです。


今回の著者一覧です。

伊坂幸太郎
近藤史惠
有川浩
佐藤友哉
本多孝好
道尾秀介
米澤穂信

今回は、沢木とか言う、訳の分からないエッセイストいないんで良かったです。

て言うか、逆なのか。道尾が消えて、沢木が来たと。まあどっちでも、いいですが。


「首折り男の周辺」 伊坂幸太郎
まず、良いですかね?

これ、WALTZじゃね?

あー。WALTZって言うのは、サンデーで連載されてた伊坂原作の「魔王」の外伝みたいな感じなんですが。

これ初の完全書き下ろし原作。って言っておいて、使い回しじゃんって言いたかったんです。

まあすべてがすべてって訳じゃ無さそうですが。

んー。イマイチよく分からなかったですね。

伊坂の作品だから期待してたんですが。彼は短編には向いてないのかな?

まあ、まだたくさん彼の作品予約してるんでそれをたのしみに待ちましょう。


「プロトンの中の孤独」 近藤史惠
「レミング」の前の話でした。

やっぱり続きものだったんですね。今回もロードレースの話でした。

面白いですね。ホントにロードレースに興味が出てきました。

「サクリファイス」読んでみようかな。

主人公は違うみたいなんですけどね。面白そうだな。

協調性のない石尾って選手と、プロとして自分に不安のある赤城の話です。

読んでてすっきりする話でした。

もっとこれの続き読んでみたいです。

3出るんならそれで書いて欲しいです。


「ストーリー・セラー」 有川浩
騙された…。騙された…。

てっきり、お得意のラブコメだと思ったのに…。

小説書きと、そのたった一人の読者って感じで行くと思ってたのに…。

シリアスな展開に行っても最後はハッピーエンドだと思ってたのに…。

まさか…。まさかの鬱エンド…。

何この報われない展開…。悲しすぎる…。

プシュケとか何かモヤモヤするとかじゃなくガチで鬱です…。

ああ…。最初の方の幸せなところが悲しすぎる…。

そして最後の方の二人ね…。

「きみのことがすき」「あなたのことがすき」を繰り返す二人ね…。

本気で愛し合ってるのに…。悲しすぎる…。

彼らは愛し合ってたんですよ…。

しかし、まさか2回連続でハッピーエンドを書かないとは…。

でも、なんか単行本で書けない話をここで書いてる感じですね…。

面白かったですけどね…。

この悲しさ…。どうすればいいんでしょうね…。

ああ…。でも、最近、バッドエンドにも耐性出来てきた気がしますね…。

CLANNADでも見てみようかな…。

鬱なんでしょ…。どんとこーいですよ…。Oh…。


「玉野五十鈴の誉れ」 米澤穂信
騙された…。また騙された…。

あんまり書くことない…。書けない…。

言うとしたら「ホラーだった…」。

…。面白かったです…。


「333のテッペン」 佐藤友哉
やっとバッドエンドじゃないのが来ましたけど、そんな明るくは無いです。

2であった「444のイッペン」の前の話ですね。

こっちの方が面白かったかな。

「444」ではそんな全面には出てなかったけど、土江田の過去が気になる…。


「光の箱」 道尾秀介
面白ぇ。

なんでこの人2でも書かなかったんだろ?

めっちゃ面白いんだけど。叙述トリックだっけ?フルに使ってる感じがします。

しかも、しっかりとハッピーエンド。やっと救われた…。

内容は明るくは無いけど、いい話だった。

この人の話もっと読んで見たかったな。


「ここじゃない場所」 本多孝好
神です。神がここにいます。

やっぱ凄い。この人面白過ぎる。

この人短編がすごい面白いってちょいちょい書いてたけど、ホントそうだわ。

マジ短編は凄い面白い。今まで読んだ短編だと一番面白かったかも…。

話は、超能力の混じった推理小説って感じでした。宮部みゆきの「クロスファイア」と似た感じでしたね。

でも、ホントに話の持って行き方が素晴らしい。

ラノベだったら、簡単にラブコメ展開を持って行くとこをそう簡単にはいかないんですよね。

その辺がラノベと普通の小説の違いですかね。

しかも、終盤のたたみ方が凄い。

綺麗に短編の短いページでまとめているんですよね。それも完璧に。

キャラも面白いですしね。

最後の方はもう笑いをこらえるのに必死でした。

何というか、呆れ笑いなんですけどね。そんな話じゃないのに。

ホント素晴らしい。短編集持ってるんで、読んで見ようかな。



最終結果(面白かった順)
ここじゃない場所
玉野五十鈴の誉れ
ストーリー・セラー
光の箱
プロトンの中の孤独
333のテッペン
首折り男の周辺

って感じでしたね。

今回はホントにどれも面白かった…。

ちょっと伊坂幸太郎は期待はずれでしたけど。

それでも、2の「合コンの話」より全然面白かったです。


1の方が圧倒的にクオリティが高いですね。

特に上3つ。最高でした。

3出るんですかね?出るんなら良いですけどね。

今巻はホントに凄かった。

テーマ : ブックレビュー - ジャンル : 小説・文学

コメント

No title

プシュケ読んでいらっしゃったんですか!
私の周りではあまりいなくて・・・。
あれはかなり泣きましたがどうでしょう??

No title

あれは最高でしたね…

もう涙を流す気力すら起きませんでしたよ
鬱とも違う悲しさが頭の中でボーってなった感じでしたね

周りの友達もそんな感じでした

No title

伊坂さんの「首折り男の周辺」
私もwaltzに似ているなと思いました。

有川さんの「ストーリーセラー」
心をぎゅっとされる話でこの本の中で一番好きですね!!

伊坂さんと本田さん目当てで買ったのですがいろんな作家を体験できていい本ですよね
図書館戦争とか読んでみたくなりました。

Re:ゆぅさん

コメントありがとうございます。

多分「クビ折り男の周辺」を元にして作ったのが「Waltz」なんでしょうね。
自分で言っておいて何ですが原作とはまた違う気がしますねw。
またあのお二人のコンビのマンガを読んで見たいです。

「ストーリーセラー」がお好きなら単行本の方も読んでみては?
この本に入っているのに加えもう一本加えられてますよ。

確かに、この企画では自分が目当てにしてた作家さん以外に当たりを引いたりすることがあるから面白いですよね。
僕はやっぱり本田さんですかねぇ。
こんな上手い短編書く人がいるのかと驚きました。
ぜひ図書館戦争も読んでみてください。
面白い作品ですよ。
気に入ったらまた違う作品でもw。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「Story Seller」伊坂幸太郎ほか

若手と中堅作家のアンソロジー。 600ページを超える厚い本だが、なかなか面白かった。    【送料無料】Story Seller価格:860円(税込、送料別) 伊坂幸太郎「首折り男の周辺」 本屋大賞になった「ゴールデンスランバー」で知られる。 間違えられた男など、物語を…
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。